学年

教科

質問の種類

化学 高校生

⑴の答えにある通り、混合液中のNaClは塩酸とは反応しない。というのはなぜわかるのですか? これとこの組み合わせは反応しないなど決まりがあるのですか? どうやって反応しないと判断しているのか教えて欲しいです。

151 混合物の含有量 塩化ナトリウム NaClと水酸化ナトリウム NaOHの混合物 1.00gを水に溶かして100mLとした。 その水溶液10.0mLを0.100 mol/L 塩酸で滴定 したところ, 18.5mL加えたところでちょうど中和した。 次の各問いに答えよ。 式量 NaOH=40.0 (1) 混合物を溶かした水溶液中の水酸化ナトリウム水溶液の濃度は何mol/Lか。 (2) この混合物中の塩化ナトリウムの割合は、質量で何%か。 解説を見る 151 (1) 1.85×10mol/L (0.185mol/L) (2) 26% 解法 (1) 混合物中のNaCl は塩酸とは反応しない。 混合物の水溶液 中の水酸化ナトリウム水溶液の濃度をc[mol/L] とすると, (H+の物質量) = (OH-の物質量) だから, 1×0.100 mol/L× -L=1×c [mol/L] x- 18.5 1000 10.0 1000 価数 NaOH の物質量 価数 HCI の物質量 c=0.185 mol/L (2) 混合物中のNaOH の質量は, 40.0g/mol×0.185 mol/Lx- L=0.740g NaOH のモル質量 NaOH の物質量 混合物中のNaCl の割合 (%) は, (1.00-0.740)g 1.00g 100 1000 -X100=26 よって, 26% [補 有効数字について 1.00 -0.740 0.26 ●この計算で2桁になる。

解決済み 回答数: 1
生物 高校生

この問題なんですが、グラフの見方と考え方がわからなくて解説を読んでも全く理解できないです💦それと、問題文にも解説にも書かれている「岡崎フラグメントのピーク」とはなんですか??どなたか教えてください!

リードα生物_ 123 (1) ア (2)4の位置に1つだけ検出される。 解説 (1) 横軸は遠心管の上部からの位置で、数字が大きいものほど遠心管の底に近い, つまり. Q ヌクレオチド鎖の長さが長いということである。 放射性同位元素を含むチミジンを培 地に加える時間が長いほど, 放射線量の高いものが多いことがわかる。放射性同位元 素を5秒や10秒加えたものでは,その間に合成されたヌクレオチド鎖はリーディン グ鎖もラギング鎖も両方とも同程度の短いものであり, 遠心管の上層に近い1のとこ ろにピークが見られる。 放射性同位元素を30秒与えると, 放射性同位元素を取りこ んだヌクレオチド鎖, つまり, その間に合成されたヌクレオチド鎖では,遠心管の上 部からの位置が1と4の2か所にピークが見られている。このことは, 長さの異なっ た2種類のヌクレオチド鎖がつくられたということであり, 短いピークの(ア)が岡崎フ J ラグメントのピークであり, (イ)は伸長したリーディング鎖のピークと推察される。 (2) すべてのヌクレオチド鎖が連続的に合成されるということは, 岡崎フラグメントが断 続的につながっていくのではなく、すべてリーディング鎖として順次伸びていくとい うことであるから,リーディング鎖のピークだけが存在すると考えればよい。 MAC

回答募集中 回答数: 0
1/686