学年

質問の種類

数学 高校生

高校2年 数II 図形と方程式 この問題を、授業で解いたのですが先生の解説で理解できないところがあったので質問させていただきます。 青線のところがわかりません。 このkというのは、A P ^2➕BP ^2のことだと考えていますが、合っているでしょうか。またなぜ、kとおくこと... 続きを読む

Date 図 4種上比A (012) B (212)と円C:22ィザン1 ehカる、 をPtCよ動くとき Ap+ BP の最大極と振値ま求めなてい プル(0.0)半経1. ) Pの度標を1 5,t)とする Pは円c上の尺りs2¢tー160) 忘児のもュリの公式ょり AP = s,6-o)ーの BP: 16-9211- の.Orリ Ap°e BP'. S't(t-2)+ (S-3+た) つ回 2 <111-8t-48'+ 12 -8t-49+14 (:①) 8t-45+14-Kと置く 正正面において円①と -8t-4St14-Kという か米有京をチつときとが在在する。 Stゼン11は中ル (0.0)経 1である -8ヒ-タゃ4-k:0- との共有良と持には 中心と②とのキャリS1てあわはよい 忘と直線の和リのム式より) 111-4 1 J1667 T14-ド1180 18kt/16 0 KOKUYO LOOSE-LEAF ソ-836AT 7mm ruled×31 lin 1チェ5 Maxs AMin

回答待ち 回答数: 0
生物 高校生

問7、問8解説お願いします

細胞周期を離れて G期に入る。 15. 体細胞分裂は、右の図1のような周期で行わ れる。ある動物の培養細胞では、それぞれの細胞 が同じ細胞周期を持ちながら、 同調せずに異なる G.期 分裂期 (M期) Ge 期 細胞周期 タイミングで体細胞分裂を繰り返している。この 培養細胞について、細胞周期の各時期の時間を調 べるために、次の手順で実験を行った。 ODNA合成の素材として、通常のヌクレオチドと蛍光標識したヌクレオチドを用意する。 の培養細胞に、蛍光標識したヌクレオチドを加え、短時間培養して蛍光物質を取りこませる。 ③すぐに蛍光標識したヌクレオチドを取り除き、 以降は通常のヌクレオチドを含む培養液で培養する。 簡期 S期 図1 舞び細胞周期に入って分裂を はじめることもある。 の2の短時間培養後、一定時間おきに細胞を観察し、分裂期の細胞のうち蛍光を発するものの割合を 求める。 図2 この実験の結果、 右の図2のような結 果が得られた。このことについて、 以 100 下の問に答えよ。ただし、②の処理に かかる時間は細胞周期全体から比べる と無視できるほど短く、 S期の時間は M期の時間より長いものとする。 0 0 4 6 9 11 (時間) 2処理後の時間 間7 以上のすべての結果から、 この培養細胞のG1期、 S期、 G2期、 M期それぞれの時間を長い順 に並べるとどのようになるか、選択肢の中から一つ選んで記号で答えよ。 <2点> イ. M期>S期>G」期>G2期 ア.G」期>S期>G2期>M期 ウ、G2期>M期>S期>G」期 エ,G」期>G2期>M期>S期 G期 蛍光標識されたM期の細胞の割合

回答待ち 回答数: 0
生物 高校生

問7、問8解説お願いします

細胞周期を離れて G期に入る。 15. 体細胞分裂は、右の図1のような周期で行わ れる。ある動物の培養細胞では、それぞれの細胞 が同じ細胞周期を持ちながら、 同調せずに異なる G.期 分裂期 (M期) Ge 期 細胞周期 タイミングで体細胞分裂を繰り返している。この 培養細胞について、細胞周期の各時期の時間を調 べるために、次の手順で実験を行った。 ODNA合成の素材として、通常のヌクレオチドと蛍光標識したヌクレオチドを用意する。 の培養細胞に、蛍光標識したヌクレオチドを加え、短時間培養して蛍光物質を取りこませる。 ③すぐに蛍光標識したヌクレオチドを取り除き、 以降は通常のヌクレオチドを含む培養液で培養する。 簡期 S期 図1 舞び細胞周期に入って分裂を はじめることもある。 の2の短時間培養後、一定時間おきに細胞を観察し、分裂期の細胞のうち蛍光を発するものの割合を 求める。 図2 この実験の結果、 右の図2のような結 果が得られた。このことについて、 以 100 下の問に答えよ。ただし、②の処理に かかる時間は細胞周期全体から比べる と無視できるほど短く、 S期の時間は M期の時間より長いものとする。 0 0 4 6 9 11 (時間) 2処理後の時間 間7 以上のすべての結果から、 この培養細胞のG1期、 S期、 G2期、 M期それぞれの時間を長い順 に並べるとどのようになるか、選択肢の中から一つ選んで記号で答えよ。 <2点> イ. M期>S期>G」期>G2期 ア.G」期>S期>G2期>M期 ウ、G2期>M期>S期>G」期 エ,G」期>G2期>M期>S期 G期 蛍光標識されたM期の細胞の割合

回答待ち 回答数: 0
PromotionBanner
生物 高校生

問4~問6まで解説お願いします

細胞周期を離れて G期に入る。 15. 体細胞分裂は、右の図1のような周期で行わ れる。ある動物の培養細胞では、それぞれの細胞 が同じ細胞周期を持ちながら、 同調せずに異なる G.期 分裂期 (M期) Ge 期 細胞周期 タイミングで体細胞分裂を繰り返している。この 培養細胞について、細胞周期の各時期の時間を調 べるために、次の手順で実験を行った。 ODNA合成の素材として、通常のヌクレオチドと蛍光標識したヌクレオチドを用意する。 の培養細胞に、蛍光標識したヌクレオチドを加え、短時間培養して蛍光物質を取りこませる。 ③すぐに蛍光標識したヌクレオチドを取り除き、 以降は通常のヌクレオチドを含む培養液で培養する。 簡期 S期 図1 舞び細胞周期に入って分裂を はじめることもある。 の2の短時間培養後、一定時間おきに細胞を観察し、分裂期の細胞のうち蛍光を発するものの割合を 求める。 図2 この実験の結果、 右の図2のような結 果が得られた。このことについて、 以 100 下の問に答えよ。ただし、②の処理に かかる時間は細胞周期全体から比べる と無視できるほど短く、 S期の時間は M期の時間より長いものとする。 0 0 4 6 9 11 (時間) の処理後の時間 周4 9時間後から、 分裂期の細胞から蛍光標識されたものが減少し始めた。これは、 S期に入った 直後(G」期が終わった直後)に蛍光標識されたヌクレオチドを取りこんだ細胞が、分裂期に入っ たからである。これから分かることを、以下の選択肢の中からつ選んで記号で答えよ。 <2点> イ.G2期の時間が9時間である ア、S期の時間が9時間である ウ S期とGっ期の合計が9時間である エ,S期、G2期、 M期の合計が9時間である G期 蛍光標されたM期の細胞の割合

回答待ち 回答数: 0
生物 高校生

問4~問6まで解説お願いします

細胞周期を離れて G期に入る。 15. 体細胞分裂は、右の図1のような周期で行わ れる。ある動物の培養細胞では、それぞれの細胞 が同じ細胞周期を持ちながら、 同調せずに異なる G.期 分裂期 (M期) Ge 期 細胞周期 タイミングで体細胞分裂を繰り返している。この 培養細胞について、細胞周期の各時期の時間を調 べるために、次の手順で実験を行った。 ODNA合成の素材として、通常のヌクレオチドと蛍光標識したヌクレオチドを用意する。 の培養細胞に、蛍光標識したヌクレオチドを加え、短時間培養して蛍光物質を取りこませる。 ③すぐに蛍光標識したヌクレオチドを取り除き、 以降は通常のヌクレオチドを含む培養液で培養する。 簡期 S期 図1 舞び細胞周期に入って分裂を はじめることもある。 の2の短時間培養後、一定時間おきに細胞を観察し、分裂期の細胞のうち蛍光を発するものの割合を 求める。 図2 この実験の結果、 右の図2のような結 果が得られた。このことについて、 以 100 下の問に答えよ。ただし、②の処理に かかる時間は細胞周期全体から比べる と無視できるほど短く、 S期の時間は M期の時間より長いものとする。 0 0 4 6 9 11 (時間) の処理後の時間 周4 9時間後から、 分裂期の細胞から蛍光標識されたものが減少し始めた。これは、 S期に入った 直後(G」期が終わった直後)に蛍光標識されたヌクレオチドを取りこんだ細胞が、分裂期に入っ たからである。これから分かることを、以下の選択肢の中からつ選んで記号で答えよ。 <2点> イ.G2期の時間が9時間である ア、S期の時間が9時間である ウ S期とGっ期の合計が9時間である エ,S期、G2期、 M期の合計が9時間である G期 蛍光標されたM期の細胞の割合

回答待ち 回答数: 0
生物 高校生

問1~問3まで解説お願いします、、、

細胞周期を隠れて G、期に入る。 5.体細胞分裂は、右の図1のような周期で行わ れる。ある動物の培養細胞では、それぞれの細胞 が同じ細胞周期を持ちながら、同調せずに異なる G期 分裂糖 (M期) Ge 期 細胞周期 タイミングで体細胞分裂を繰り返している。この 簡期 培養細胞について、 細胞周期の各時期の時間を調 べるために、次の手順で実験を行った。 ODNA合成の素材として、通常のヌクレオチドと蛍光標識したヌクレオチドを用意する。 の培養細胞に、蛍光標識したヌクレオチドを加え、短時間培養して蛍光物質を取りこませる。 S期 図1 再び細胞周期に入って分裂を はじめることもある。 3すぐに蛍光標識したヌクレオチドを取り除き、 以降は通常のヌクレオチドを含む培養液で培養する。 の2の短時間培養後、一定時間おきに細胞を観察し、 分裂期の細胞のうち蛍光を発するものの割合を 求める。 図2 この実験の結果、 右の図2のような結 100 果が得られた。このことについて、 以 下の間に答えよ。ただし、②の処理に かかる時間は細胞周期全体から比べる と無視できるほど短く、S期の時間は M期の時間より長いものとする。 0 4 9 11 (時間) の処理後の時間 開1 2の手順において、蛍光標識されたヌクレオチドを取りこむのはどの時期の細胞か。選択肢の 中から該当するものを一つ選んで記号で答えよ。 <2点> ア.G」期 イ. S期 ウ、G2期 エ. M期 蛍光標識されたM期の細胞の割合

回答待ち 回答数: 0
生物 高校生

問1~問3まで解説お願いします、、、

細胞周期を隠れて G、期に入る。 5.体細胞分裂は、右の図1のような周期で行わ れる。ある動物の培養細胞では、それぞれの細胞 が同じ細胞周期を持ちながら、同調せずに異なる G期 分裂糖 (M期) Ge 期 細胞周期 タイミングで体細胞分裂を繰り返している。この 簡期 培養細胞について、 細胞周期の各時期の時間を調 べるために、次の手順で実験を行った。 ODNA合成の素材として、通常のヌクレオチドと蛍光標識したヌクレオチドを用意する。 の培養細胞に、蛍光標識したヌクレオチドを加え、短時間培養して蛍光物質を取りこませる。 S期 図1 再び細胞周期に入って分裂を はじめることもある。 3すぐに蛍光標識したヌクレオチドを取り除き、 以降は通常のヌクレオチドを含む培養液で培養する。 の2の短時間培養後、一定時間おきに細胞を観察し、 分裂期の細胞のうち蛍光を発するものの割合を 求める。 図2 この実験の結果、 右の図2のような結 100 果が得られた。このことについて、 以 下の間に答えよ。ただし、②の処理に かかる時間は細胞周期全体から比べる と無視できるほど短く、S期の時間は M期の時間より長いものとする。 0 4 9 11 (時間) の処理後の時間 開1 2の手順において、蛍光標識されたヌクレオチドを取りこむのはどの時期の細胞か。選択肢の 中から該当するものを一つ選んで記号で答えよ。 <2点> ア.G」期 イ. S期 ウ、G2期 エ. M期 蛍光標識されたM期の細胞の割合

回答待ち 回答数: 0
1/75990