学年

質問の種類

化学 高校生

(1)はなぜ59.6gではなく、60グラムなのでしょうか。

問題 89 基本例題11)結晶の析出 硝酸ナトリウムの水への溶解度は,80℃で148, 20℃で 88である。次の各問いに整数値 で答えよ。 (1) 80℃の硝酸ナトリウム飽和水溶液 100gには,硝酸ナトリウムが何g溶けているか。 (2) この水溶液を20℃まで冷却すると,硝酸ナトリウムが何g析出するか。 金した Omol 考え方 解答 Tom OHO 55 水100gに溶質を溶かしてでき た飽和溶液と比較する。 (1) 同じ温度の飽和溶液どう しでは,次の割合が等しい。 溶質(g] (1)80℃では水 100gに硝酸ナトリウム NaN03 が148g 溶けて飽和溶液248gができる。したがって, 80℃の飽 和溶液 100g中に溶けている NaNO3 を x[g]とすると, 溶質[g] 飽和溶液[g) (2) 水100gに NANO3 は80℃ で148g,20℃ で88g溶け るので,80℃の飽和溶液248gを20℃に冷却すると, (148-88)gの結晶が析出する。したがって, 80℃の飽 和溶液 100gからの析出量をy[g〕とすると, 析出量(g) 飽和溶液(g] x[g] 100g 148g 248g 化水咲客 x=59.6g 60g 飽和溶液(g] 水 10 (2) 冷却すると,各温度にお ける溶解度の差に応じた結晶 が析出する。 M E 析出量(g) 飽和溶液(g) 「g)_(148-88)g OM 248g の式をたてる。 三 100g ソ=24.1g 24g -uO 0-60 aae 第1(原子量) エ=1.0 C=D12 0=16 Na=23 Cl335.5

回答待ち 回答数: 1
数学 高校生

この問題の3順目にAが当たりを引く確率はどのようにして出しているのかわかる人居たら教えて頂きたいです🙇🏻‍♀️🙏🏻

9くじ引きの確率:A, B2人が交互にくじを引き最初にAが当たる 5本のくじの中に2本の当たりくじがある。このくじを A, Bの 2人が A, B, A, B, A の順番に交互に引く。 ただし, 一度引 回 をいたくじはもとに戻さないものとする。最初に当たりくじを引く のが A である確率を求めよ。 11111 日にひく 2 315日にひく 3x212 - sC3 2 f 3 3 5

回答待ち 回答数: 1
数学 大学生・専門学校生・社会人

これについて教えていただけたら幸いです。 前半はfA+fB=fA+Bと定義して、その定義を用いて、定理の部分を証明するという方針が 一見して浮かんでいるのですが、正しいかわからないです。 後半は検討がつかないです。

III-c) 行列 A, Bから定まる線形写像 fA, fe に対して,その和 fa+ fe が定義されるな らば,それは行列A+Bから定まる線形写像 fA+Bに一致することを示せ また,合成 fBofa が定義される場合ではどうか.これはいかなる行列によって定められ る線形写像となるか考察せよ。

回答待ち 回答数: 0
数学 高校生

黄色線のaとbの部分集合はどうやって求めるのかが分かりません!! どなたか教えて頂きたいです🙏

270 倍数の個数 発展例題21 基礎例題 2 300以下の自然数のうち, 次のような数の個数を求めよ。 0) (2) 5の倍数または8の倍数 の (1) 5の倍数でない数 (3) 5の倍数または8の倍数で100以上の数 CHABI 倍数の個数 GUIDE) 倍数全体を集合とみて, 集合の要素の個数を調べる (1), (2) 300 以下の自然数のうち, 5の倍数全体の集合をA, 8の倍数全体の集合 Bとすると, 求めるのは n(A), n(B), n(ANB) を求め, 公式を利用して個数を求める。 ANB は, 5と8の最小公倍数, すなわち 40 の倍数全体の集合。 A)。 (3) 1から99までの5の倍数または8の倍数の個数を(2) の個数から引く。 (2) n(AUB) 日解答日 300 以下の自然数全体の集合をUとし, Uの部分集合で, 5の 倍数全体の集合をA, 8の倍数全体の集合をBとすると A={5-1, 5-2, …………, 5-60}, B={8·1, 8-2, -……, 8-37}, ANB={40·1, 40-2, (1) 求めるのはn(A) である。 は積を表す記号。 ………, 40-7} 300 を5,8, 40で割 た商が,それぞれ。 ANB の要素の個 -「…でない」 の個数 (全体の個数) ー(「…である」 の他 n(A)=n(U)-n(A)=300-60=240 (個) (2) 求めるのはn(AUB)である。 n(AUB)=n(A)+n(B)-n(ANB) =60+37-7=90 (個) (3) 求める個数は, (2) の個数から, (99以下の5の倍数または8 の倍数の個数)を引いたものである。 99以下の自然数のうち, 5の倍数全体の集合を A', 8の倍数全体の集合を B' とする A'={5·1, 5-2, …, 5·19}, B'={8·1, 8·2, ., 8·12}, A'コB'={40·1, 40-2} n(A'UB)=n(Aり+n(B')-n(A'コB') 「100以下の自然数 するのは誤 と A'NB' 自然数の の集合。 1 99 以下の は8の倍 よって =19+12-2=29(個) ゆえに, 求める個数は n(AUB)-n(A'UB')=90-29=61(個)

回答待ち 回答数: 1
1/80525