学年

質問の種類

古文 高校生

答えお願いします!!!!!!

55 2次の傍線部を、敬語に注意して現代語訳せよ E「たまはりて、見はべらむ」と申したまふを、 ( 川 いる° ニ主である「かぐや姫」に対する敬意 ルめに尊敬語の補助動詞「たまふ」を (源氏物語,桐蚕) 回(光源氏は)御休所にまかでたまひて、 「与ふ」という一つの動作に、議譲 (枕草子·節は) 8やんごとなき所々に御文聞こえたまふ人も 重ねて用いることによって、朝廷 姫の両者に対する敬意を同時に表現 (源氏物語·桐査) ことわりに(若宮を)かなしう見奉り侍る。 ル 1ります 日(大納言が帝に)「などかおほせごともたまはぬ」と奏したまふ時に、 る。 当意の方向(謙譲語+尊敬語) 講議語 + 導故語 (大和物語·一五二) J.40 (あなた様 =作者が、私=遠度に)「仰せはべりしは」 (靖鈴日記·天延二年四月) 敬意の形 「作者)から、 主と動作の受け手へ *謙譲語+尊敬語 主と闘き手·読み手(読者)へ →尊敬語+丁寧語 の受け手と聞き手,読み手(読者) →謙議語+丁寧語 - る順序は固定されている。"

回答待ち 回答数: 0
PromotionBanner
1/75906