学年

質問の種類

理科 中学生

なんでT=M+m分の2m M gになるのかわかりません。よろしくお願いします!

解説(1)物体 A, Bが受ける力は, 図のように示さ れる。M>mから, Aは上向きに, Bは下向きに動 き出す。A, B それぞれの運動 の向きを正として運動方程式を 立てると, A:ma=Tーmg …① B:Ma=Mg-T …② (2) ①, ②の両辺を足して, (M+m)a=(M-m)g *T T a a M-m a= Mg M+m9 大 M-m mg これを②に代入して, イーM Mm 2mM M-m M× M+m g=Mg-T JT= M+m9

回答待ち 回答数: 0
物理 高校生

(6)番が分からないです。教えて下さいお願いします(土下座)

221 波の反射と定常波 右図のように, 媒質がェ軸 に沿って置かれており,原点Oに波源がある。 2=0 における媒質の位置を P, x=Xにおける媒質の位置 をQとする。波源による時刻tにおけるPの変位は, ル=Asin2zff と表され,この振幅 A, 振動数fの単振 動は、速さゅの正弦波Iとしてx軸の正の向きに伝 わっていく。x=L(>0) の位置にx軸に垂直な壁があ り、波はこの壁で自由端反射をする。 波は減衰するこ となく伝わり,反射によっても減衰することはないも 69: のとする。なお, sina+sinβ=2sin“; cos “ Chapter 壁 16 波I Qまし× P X Y6 0 x=X L x=L a+8 2 a-B 2 を用いてよい。 (1) 波源を出た波Iが,座標エ=X(0<X<L)に到達するのに必要な時間もはいくらか。 (2) 波Iによる時刻!におけるQの変位 yは, 時間もだけ前の時刻t-ちにおけるPの 変位に等しいことを用いて, nを A, f, t, t,で表せ。 (3) 波源を出た波が, 壁で反射されて, 再び座標r=X に到達するのに必要な時間な はいくらか。 (4) この反射された波Ⅱによる時刻tにおける Qの変位 yeを, A, f. t. aで表せ。 (5) Qの変位yは, 波Iによる変位yと波Iによる変位y:の和となる。yをXの関数 とtの関数との積の形で表せ。 (6) 波Iと波Iとが重ね合わさった波の, 座標z=X における振幅はいくらか。 (7) 隣り合う腹と腹との間隔はいくらか。

回答待ち 回答数: 0
物理 高校生

物理の波についての問題です。 写真の④番についてなのですが、青で印をつけた所の式の意味が分からないです。なぜいきなりこの式変形になったのでしょう。夜行性なので反応早いと思います。

その波高は 5m,速さは 65km/hにもなる。 物理 基礎 STEP 3 解答編 物理 p.115~116 |220 波の重ね合わせ 次の文の「 数値を入れて文章を完成させよ。 右上図のように, ェ軸上の原点O(r=0) と点Q(z=D2L)に同位相で単振動をする波 源があり,それぞれから出される振幅 A, 振動数fの正弦波が, 工軸上を速さゅで互い に逆向きに進み, OQ間で重なった。このとき, 点P(位置x)における時刻!での波源 0からの波による変位 ypo は,次式で表される。 に数式または0 干 2L の く P Q fx V=fa Iro=A sin 2f(t-ト 20 (fe-) v f この波の波長は0である。一方, 点Pにおける時刻tでの波源Qからの波による 変位 yro は, yro= 波による変位は2つの三角関数の和で, yp= ③] と表される。このとき, 点Pにおける両波源からの波の合成 と表される。ここで、 A-B COS 2 A+B sin A + sin B =2sin を用いた。この式より, 時刻によらず変位0の 2 位置があることがわかる。v,f, Lの間に,v=fL という関係があるとすると,OQ間 にそのような位置は 個存在する。 Chapter 221 波の反射と定常波 右図のように, 媒質が.r軸 に沿って置かれており, 原点Oに波源がある。 エ=0 壁 16 波I 世所の 告器

回答待ち 回答数: 0
PromotionBanner
物理 高校生

物理基礎 熱量の保存です。 (2)の解説で(高い温度)-(低い温度)と書いているのですが、温度の高い低いはどこからわかるのですか?

144 熱量の保存 質量 150g, 比熱 0.60 J/(g·K), 144 8 熱置の保存 質量 150g, 比熱 0.60 J/(g-K) 温度 80℃の金属 Aと,質量200g. 比熱 0.30 J/(g·K) 温度 20℃の金属Bを接触させた。接触後の全体の温 度をt[℃]として, 次の問いに答えよ。 ただし, ほ かに熱が逃げないものとする。 Qeaん (1) 次の表を埋めよ。 温度変化 質量 比熱 後 前 150% (0.6% Oo A 6-3) e. B 2o0Y (27 (1)より, Aから出る熱量,Bに入る熱量を,そ れぞれtを用いて表せ。 ーD×0.40x (p-大に 80l0mt 「キ-0)」 e

回答待ち 回答数: 2
工学 大学生・専門学校生・社会人

気相の拡散係数を求める際にChapman-Enskogの式を用いたいのですが還元衝突積分の求め方がわかりません。式は画像のものです。この式のA,C,E,G D,F,Hと規格化温度にあるεは何なのか教えて下さい。また、kはボルツマン定数でしょうか? どなたか解答お願いします。🙇

Chophon- Ensheg aす Dao [%]-s833xo"7x ft(Maam)) POno Seo AB C A Seo: Ta G t explbTa)eg(to) exp(HTw) B T Tw T 1! Ck(A)。 AB

回答待ち 回答数: 0
理科 中学生

この問題の答えはNaCL+HCL→H₂O+NaCLではダメなのですか。

水酸化ナトリウム水溶液(X A B C D E 20|2020|20 20 8|121620 液)と塩酸(Y液)がある。 この X液の量(cm] 2つの水溶液を表に表す量で混 Y液の量[cm°) 4 ぜ合わせ,A~Eの水溶液をつくった。 A~Eの水溶液に緑色の BTB 溶液を加えて色の変化を調べたところ, Dだけが緑色のままだった。 (1) この実験で起こっている中和の反応を, 化学反応式で表しなさい。 ちゅう わ

回答待ち 回答数: 2
1/80474