学年

教科

質問の種類

音楽
中学生

どこを覚えたらいいかわかりますか?!

たく ●作曲者が記した標題や当時の時代背景を手がかりに,曲に託された思いを感:B ●情景がどのように音楽で表現されているのか, 旋律や速度,強弱,楽器の音色か せんりつ かつやく スメタナが活躍していた当時,チェ コは現在のような独立国家ではなく, 楽曲について オーストリアの強い支配を受けていま した。そのため,チェコの人々は母国 語を話すことさえ禁じられていました。このような圧政下で,人々 は「自分たちの言葉で話そう」「独立した国を作ろう」と強く願うよう になっていきました。スメタナはこうした願いを音楽に託し,「我が 祖国」をはじめ,祖国への思いに満ちた作品を世に送り続けたのです。 「我が祖国」は,チェコの自然や伝説, 歴史に基づく 6曲の交響詩 からなります。この第2曲「ブルタバ」では, 祖国の姿がブルタバ川 の流れに沿って描かれています。楽譜に記されたA~G の標題は, もと えが がくふ スメタナ自身によるものです。 B. スメタ なお,「我が祖国」は, 毎年チェコで開催される「プラハの春音楽 祭」(O口絵1)において, 国を象徴する曲としてオープニングで演奏さ かいさい しょうちょう スメタナは、 れます。 です。プラハで *交響詩…物語や情景などをオーケストラによって表現する音楽。 と,指揮者や作 A オランダ S/エルベ川, ベラルーシ ベルリン ペルギー ロシア帝国 いオランダ ベルリン ドイツ帝国 ポーランド ポーランド ベルギー ドイ 「プラハ ドイツ プラハ ウクライナ チェコ *ウィーン スロバキア スイス ウィーン オーストリア=ハンガリー帝国 スイス オーストリア ハンガリー スロベニア ルーマニア クロアチア ルーマニア ボスニア ヘルツェ ゴピナ キンテ コソボ ネグロ セルビア セルビア ▲ブルタ ブルガリア モンテ ネグロ 「ブルタバ ドイツ語。 ブルガリア オスマン帝国 ▲「ブルタバ」が作曲された当時のヨーロッパ マケドニア が使われて 現在のヨーロッパ ト月イ フランス ト月
PromotionBanner
音楽
中学生

ここら辺全部わかんないです😭 教えてください🙇‍♀️🙏

【交響曲第5番 ハ短調 (ベートーヴェン作曲)②】 1.ここで前回のおさらいです。 動機とは、旋律のもととなる最も小さなまとまりのことを指していました。 この曲の第1楽章では、冒頭の2小節が動機にあたります。 提示部には第1主題と第2主題が現れます。(教科書p44参照) それぞれに動機が現れますが、 どのように現れているでしょう。 下の文章の[]の中で正しい語を選びなさい。 第1主題では、動機が[ 音の形 ·者の高さ ]を変えて反復して現れているが、 第2主題では、動機の音型が[ 上行 下行 ]に変わって現れる。 2. 第1主題と第2主題の変化 第1主題と第2主題は動機の変化があっただけでなく、楽器の音色や調性も変化があり ます。前回のレポート設問5番の音楽の特徴とそこから感じ取った曲の雰囲気を参考にし ながら、どのような変化があったのか、 まとめましょう。 第1主題 楽器の音色→ 調性→ 第2主題 楽器の音色→ 調性→
1/229