学年

教科

質問の種類

理科 中学生

中学 理科 (2)(3)がよく分かりません。 わかる方がいらっしゃったら解説を頂きたいです。

5 植物の遺伝について調べるため、次の実験I~Ⅲを行った。下の問いに答えなさい。 (岩手) Ⅰ. 丸形の純系としわ形の純系のエンドウを 「親」として交配を行った。 その結果, 「子」にあたる種 子が多数できた。 それらはすべて丸形であった。 ⅡI. I の 「子」にあたる種子を育て, 自家受粉させた。 その結果, 「孫」にあたる種子が多数できた。 III. ⅡIの「孫」にあたる種子の中から丸形の個体としわ形の個体を1つずつ選んで育て,その両者 交配を行った。 その結果, できた種子は丸形としわ形がほぼ同数となった。 (1) 次の文は, 遺伝について述べたものである。 文中の ( にあてはまる語を, それぞれ書け。 遺伝は,細胞内の遺伝子が親の生殖細胞によって, 子の細胞に受けつがれることで起こる。 生殖 細胞がつくられるときに行われる特別な細胞分裂を ( ① ) という。 また, 遺伝子は染色体に存在 し、その本体は( ② )という物質である。 (2) 実験ⅡIで, 「孫」にあたる種子が400個できた。 このうち, 「子」にあたる種子と同じ遺伝子の組み 合わせをもつ種子はおよそ何個か。 最も適当なものを次のア~エから1つ選び, 記号を書け。 イ 200 個 ウ 300個 ア 100個 エ 400個 (3) 実験ⅢIで,種子の形を丸形にする遺伝子をA, しわ形にする遺伝子をaとしたとき, 下線部の, 丸形の個体からつくられた生殖細胞の遺伝子, しわ形の個体からつくられた生殖細胞の遺伝子はそ れぞれどのように表されるか。 A やaを用いて書け。 ただし, 答えが複数ある場合は「,」で区切る こと。

解決済み 回答数: 1
理科 中学生

中学理科 の問題です。 (2)がよく分かりません。 わかる方がいらっしゃったら教えていただきたいです。

5 次のの中の文は、燃料電池自動車の燃料である水素の製造方法について。 授業で丁先生 (静岡) が示した資料の一部である。 これについて、 下の問いに答えなさい。 「究極のエコカー」とよばれている燃料電池自動車は、水素を燃料にして空気中の酸素と反応さ せ. 水の電気分解と逆の反応によって電気をつくり, モーターを回転させて走ります。 排出され るのは水だけです。 1 しかし、燃料である水素は,現在のところ, おもに② 化石燃料のメタンから製造され, その際, 二酸化炭素が排出されるので, 「究極のエコカー」とは言えないという考え方もあります。 そこで,再生可能なエネルギー (自然エネルギー) を活用した水素の製造方法が研究されており, サトウキビなどの植 風力や太陽光のエネルギーで水の電気分解を行って水素を製造する方法や, ③3 物に由来するバイオマスから得たアルコールやメタンで水素を製造する方法も考えられています。 図は,下線部①の実験を行うことができる装置の模式図である。 気体 P この装置の電極 A, Bにつないだ手回し発電機を同じ向きに回し, 水酸化ナトリウムを溶かした水を電気分解したところ, 気体P が1m² 気体 Qが2cm 集まった。 (1) 下線部①の化学変化を化学反応式で書け。 また, 気体Pは 何か。その気体の名称を書け。 (2) 一般に, 下線部 ② のように水素を製造する際, 二酸化炭素が排 出されるため, 大気中の二酸化炭素が増加する。 一方, 下線部 ③ の方法では, 大気中の二酸化炭素は新たに増加しないと考えることができる。 下線部 ③ の方法にお いて 大気中の二酸化炭素が新たに増加しないと考えることができる理由を, 「光合成」, 「二酸化 炭素」という語を用いて, 簡単に書け。 電極 A 気体Q 水酸化ナトリウム を溶かした水 電極B 手回し 発電機

解決済み 回答数: 1
理科 中学生

中学理科 化学 の問題です。 (3)が分かりません。 教えていただきたいです。

2 電気分解の実験を行った。下の問いに答えなさい。(群馬) 〔実験〕 図のように, H型ガラス管に水酸化ナトリウムを溶 かした水を入れ, 電極を電源装置につなぎ, 電流を流した ところ、 両方の電極から気体が発生した。 陽極側に集まっ た気体に火のついた線香を入れると, 線香が炎を出して激 しく燃えた。 また, 陰極側に集まった気体にマッチの火を 近づけると, ポンと音を立てた (1) 水を電気分解する際に、 水に水酸化ナトリウムを溶かした 理由を簡単に書け。 電源装置 (2) 水の電気分解以外で, 陰極側に集まった気体を発生させる方法として, 最も適当なものを次のア 〜エから1つ選び, 記号を書け。 ア 塩化アンモニウムと水酸化バリウムを混ぜる。 イ亜鉛にうすい塩酸を加える。 ウ 過酸化水素水に二酸化マンガンを加える。 エ炭酸水素ナトリウムを加熱する。 (3) 水の電気分解を分子のモデルで考えたとき, 水分子4個が分解されたときにできる, 陽極側に集 まった気体の分子の数と陰極側に集まった気体の分子の数はそれぞれ何個か。 Ⅱ型ガラス管 水酸化ナトリウムを 溶かした水 電極 ピンチコック

解決済み 回答数: 1
理科 中学生

緊急です。 中学生理科の磁界の問題です。 赤く印をつけたところの解説をお願いいたします。

6 電流と磁界の関係を調べる実験について,次の各問に答えよ。 <実験1> を行ったところ, <結果1>のようになった。 < 実験 1 > (1) 図1のように,台に固定したコイル, スイッチ, 導線,電源 装置を用いて回路を作り, N極が黒く塗られた方位磁針を, 台上の点Aから点Cまでの各点に置いた。 (2) スイッチを入れ, 方位磁針のN極が指す向きを調べた。 <結果 1 > 点Aから点Cまでの各点に置いた方位磁針のN極が指す向き とコイルを流れた電流の向きは,図2のようになった。 図 1 レール D E 台 図2 次に,<実験2> を行ったところ, <結果 2 > のようになった。 <実験2> 図3 磁石 コイル 金属棒 B [問1] <結果1> から,台の面上におけるコイルの周りの磁界の向きを矢印で表したものとして適切な のは、次のうちではどれか。 イ スイッチ 電源装置 C コイルを流れた電流の向き (1) 金属棒止めがついた金属のレール, 金 属棒,磁石,電流計 電圧計, 抵抗の大き さが10Ωの抵抗器、スイッチ, 導線,電 源装置を用意した。 (2) 図3のように、水平面上に2本のレール を平行に置き、上面がN極になるように 磁石の向きをそろえて等間隔に並べて 装置を作り、金属棒を向きがレールと直角になるように点Eに置き,回路を作った。 スイッチ good 電圧計 金属棒止め 抵抗器 a [ 電源装置 電流計 (3) 電源装置の電圧を6Vにし、スイッチを入れ、金属棒が動く方向を調べた。 (4) スイッチを切り、金属棒を点Eにもどした。 (5) 電源装置の電圧を12Vにし、スイッチを入れ, 金属棒の動きが (3)と比べ、どのように変わるかを調べた。 <結果 2 > (1) 実験2>の (3)で調べた金属棒は,点Fの方向に動き, 金属棒止めに衝突して静止した。 金属棒が静 止しているとき、電流計の値は 0.2Aであった。 (2) 実験2> (5)で調べた金属棒は,点Fの方向に<実験2>の(3) と比べ速く動き, 金属棒止めに衝突 して静止した。 金属棒が静止しているとき, 電流計の値は 0.4Aであった。

回答募集中 回答数: 0
理科 中学生

(2)には電流の向きは同じと書いてありますが、 (4)には向きが逆になると書かれていてよく分からないので教えてください🙏

ELFABER 記述 理科 2年 p.268~279 標準実施15分 発 展 24 電流と磁界(2) 電流の流れる向きは,P→Q→R→S 図は、モーターのしくみを表し 1 B たもので,Aの図の向きに電流 を流すと, コイルは180°回転し, Bの ようになった。 (1) AのコイルのPQ部分が受ける力 電流の の向きを,ア~エから選びなさい。 向き (2) B のコイルの, ①PQ部分に流れる電流の向きはa,b のどちらか。 また、 S 回転する 向き ブラシ 整流子 ODOR R 書き出しや 指定ありの記述 -S→R→Q ② RS 部分が受ける力の向きを, ア~エから選びなさい。 (3) (2)②の結果, コイルはXYのどちらの向きに回転するか。 (4) コイルが一定の向きに回転するとき, ブラシと整流子のはたらきで, PQ部 分に流れる電流はどうなっているか。 「半回転ごとに」 に続けて書きなさい。 (5) モーターが使用されているものを、 次から選びなさい。 [ アイロン 洗たく機 スピーカー 電球 ] 名前 P 70 (1) (2)① LATAR en (4) 10点 他 5点×5 /30 エ /100] エ /35) (2) b (3) X 4) 半回転ごとに例電流 の向きが逆になる。 (5) 洗たく機 2 5x5 近づけ /25] ------- ポイント解説 1 教科書 p.268~271 (2) AとBでは, コイルが 180° 回転して上下が逆になるが,電 流の流れる向きは同じである。 (4) 丸つけポイント ○の例 「電流の向きが切りか わる。」 「向きが入れかわる。」 2 教科書 p.272~275, 277 (1) 丸つけポイント 「磁石」の語を用いていること。 ○の例 「磁石から離して使 う。」 「磁石のそばに置かない。」

解決済み 回答数: 1
1/1000