学年

教科

質問の種類

作文
中学生

質問が埋もれちゃったのでもう一度投稿します💦どなたかお願いします(* . .))) 「友情とは」をテーマにした小論文です。 以前clearの方々に添削して頂いた後、もう一度書き直しました。指摘をよろしくお願いいたします🙏 ・私は、相手を思いやり、その気持ちを行動に移すことが友情だと考えます。例えば、涙を流している人がいればそっとする・声をかけるなど、相手からの見返りを求めない行動のことです。 北野武さんは「友情とは、自分の相手に対する気持ちだ。」と述べていました。これを受けて私は、たとえ自分の相手に対する気持ちがあっても、少しでも相手からの見返りを期待するような心がもしあれば、それは友情とは呼べないのかなと考えました。なぜなら、見返りを求めることは自分のためだからです。これには相手を思いやる純粋な気持ちはなく、自分に主眼があるのです。 相手に対する気持ちが、相手を思いやることにつながります。そして、その思いやりの心を大切にして相手のために行動することが真の友情なのではないかと考えました。 …以上になります。一応「尾括型(序論 本論 結論)」を意識しました。 あと…本論では北野武さんの意見(友情とは、自分の~~)に対して、共感したか違和感を覚えたのかを書かなければならないんです。私は共感した上で第2段落を書いたのですが、読者にそれが伝わりにくいのではないかと思っています…どうすればいいでしょうか…? 他にもおかしなところなどがあれば教えていただきたいです。

作文
中学生

小論文を書いています。「友情とは」というテーマで書いているのですか…自信がないので、どなたか添削お願いします💦 ・私が考える友情とは「相手を思いやり、その思いを行動に移せること」だと思います。例えば、涙を流している人がいればそっとする.声をかけるなど、相手からの見返りを求めない行動のことです。 北野武さんは「友情とは自分の相手に対する気持ちだ。」と述べています。私はその考えに共感しました。皆さんは「相手を思いやる行動」をするとき、相手からの見返りを期待しがちかもしれません。私は、それわやはり友情とは呼びがたいと思います。 北野さんが述べているような「相手を思いやる気持ち」つまり「見返りを求めない、純粋な思いやりの気持ち」だけがある行動こそが友情と呼べるものだと私も考えました。 …以上になります。 最後らへんは私自身、ごちゃごちゃした文書だという自覚はあります💦 どこを直せばいいのか、おかしなところなど教えていただきたいです(* . .)))

1/75