学年

教科

質問の種類

生物 高校生

生物基礎の問題です。 23番のグラフの問題 答えは➁65%になるんですが、どうやったらその答えになるのかわからないので解説して欲しいです。

B血液には,体内で物質や熱などを運搬する働き,体内環境を一定にする働き、 体を守る働きなどがある。脊椎動物の血液は血管内を通って体内を循環している。 この循環と物質を運ぶ機能に関する以下の問に答えよ。 問1 血液に少量の酸やアルカリを加えても溶液のpHは,ほぼ一定に保たれてい る。このような恒常性と保つはたらきを何というか。 適切な用語を次の①~⑤ 22 のうちから一つ選べ。 (1) 沈殿作用 ④ 加水分解 SI bastard 問2 赤血球はヘモグロビンというタンパク質を含んでおり,これが肺で酸素分子 (O2)と結合して全身の組織へ酸素分子を運搬する。 血液中のヘモグロビンの うち, 酸素と結合しているものの割合の関係を表したグラフを酸素解離曲線と いう。 図2の曲線Aは肺の条件 (O2濃度: 100, CO2濃度:40) を示し,曲線 TBは組織の条件 (O2濃度: 30, CO2濃度:60) を示しているものとする。 下の 酸素解離曲線から読み取れる, 組織で解離する酸素ヘモグロビンの運ばれてき 酸素ヘモグロビンに対する割合として最も近いものを、次の ① ~ ⑥ のうちか ら一つ選べ。 23 酸素ヘモグロビンの割合(%) 100 80 60 40 (2) 中和作用 ⑤緩衝作用 20 204 20 ① 95% ② 65% B けん化作用 40 60 80 100 M 4 酸素濃度(相対値) 図2 45% - 24 ④ 25% ⑤ 15% ⑥ 5%

回答待ち 回答数: 0
生物 高校生

高校一年生、生物基礎、腎臓の尿についての問題です。 先生が授業で配布してくれたのですが、解答、解説がなくて困っています。 解答、解説を教えてください。お願いします。

有用成分の再吸収と老廃物の濃縮 思考学習 健康な人の血しょう・原尿・ 尿の成分を調べると右の表のよ うであった。測定に使ったイヌ リンは、植物がつくる多糖類の 一種で,ヒトの体内では利用さ れない物質である。 イヌリンを 静脈に注射すると,糸球体から ボーマンのうへすべてろ過され るが,その後再吸収されずにた だちに尿中に排出される。 そのため,その濃縮率 成 分 タンパク質 グルコース ナトリウムイオン |カルシウムイオン クレアチニン 尿素 尿酸 イヌリン 質量パーセント濃度(%) 血しょう 原尿 尿 7.2 0 0.1 0.1 0.3 20.3 0.008 0.001 0.03 0.004 0.01 0 0 0.34 0.008 0.014 10.001 0.075 0.03 2 0.054 1.2 0.004 0.01 尿中の濃度 血しょう中の濃度 尿の量を調べる目的に用いられる。 なお, 尿は1分間に1mL生成されるも のとする。 考察 1. 1分間当たり何mLの原尿が生成されたか。 考察 2. 原尿中のグルコース, 水, ナトリウムイオンはそれぞれ何%再吸収 されたか。 ただし, 血しょう, 原尿、尿の密度は1g/mL とする。 から原 考察 3. 水の再吸収率が1%減少すると, 尿量は何倍になるか。 考察 4. イヌリン以外 濃縮率の高い成分を高いものから3つあげよ。 考察 5. 濃縮率の高い物質はヒトにとってどのような物質と考えられるか。 参考 原尿生成における血圧の調節 糸球体では、大量の血液がろ過されることによって, 大量の原尿がつくら れている。このときろ過される量は,物理的な圧力(血圧) の影響を受ける。 血圧はさまざまな要因によって変化するが, その中でも、体内の水分量が大 きく影響する。 例えば、体内の水分量が減少すると血圧は下がり, 血圧が下 がるとろ過される量が減る。 ろ過の量が減ってしまうと、老廃物を十分に排 出できなくなる。 そこで,腎臓では,糸球体の前後の血管の収縮を調節する ことによって, 糸球体にかかる圧力が下がらないようにし,糸球体における ろ過量の低下を防いでいる。

回答待ち 回答数: 0
生物 高校生

この問題の⑹がわかりません! B系統の皮膚が非自己と判断されたのはなぜでしょうか? お願いします!

を答えよ。 B型の 山浦 + + +は凝集した,-は凝集しない [思考・判断] ✓69.移植と免疫●移植に関する免疫の働きについて,下の各問いに答えよ。 問1. 免疫的に異なる A,B,Cの3系統のマウスを用いて行った皮膚移植実験(1)~(6)に ついて, 移植された皮膚片はどうなるか。 ア~エのなかから、 最も適切なものをそれぞ れ選び,記号で答えよ。 体の (1) A系統マウスにA系統マウスの皮膚片を移植した。 (2) A系統マウスにB系統マウスの皮膚片を移植した。 児 (3) 出生直後のA系統マウスに, 成熟したB系統マウスのリンパ球を注射した。 このA 系統マウスが成熟したのち, B系統マウスの皮膚片を移植した。 (4) (2) の処理をしたA系統マウスに, 3週間後,再びB系統マウスの皮膚片を移植した。 (5) (2)の処理をしたA系統マウスに, 3週間後, C系統マウスの皮膚片を移植した。 X (3)の処理をしたA系統マウスに,成熟したA系統マウスのリンパ球を注射した。 [結果] ア 拒絶反応は起こらずに生着する。 イ.拒絶反応が起こり,脱落する。 お . 生着していた皮膚片が脱落する。 ウ エ. 最初の移植より早く脱落する。 CHAT SOUT

回答待ち 回答数: 0
1/186