学年

教科

質問の種類

理科 中学生

(1)がわかりません。解説お願いします。

8. 酸化銅と炭素の粉末を加熱したときの変化について調べるため, 次の実験1.2を行いまし た。これに関して、あとの (1)~(4) の問いに答えなさい。 実験 2 実験 1 同じステンレス皿を5枚用意して、ステ ンレス皿の質量を測定した後に、 銅粉 0.4g. 0.8g 1.2g 1.6g 2.0g をはかり取り,そ れぞれステンレス皿にのせた。 この後、 銅 粉をのせたステンレス皿を1枚ずつ取り出 し,次の ① ~ ③ を行った。 ① 図1のように、 銅粉をのせたステンレ ス皿をガスバーナーで加熱した。 ② 加熱したステンレス皿が冷えてから, 全体の質量を測定した。 表 銅粉の質量 〔g〕 ③ ステンレス皿に 残った物質を薬品 さじでよくかき混 ぜた後、再び ①, ②を行い,全体の 質量が変わらなくなるまでくり返した。 加熱前の全体の質量 〔g〕 加熱後の全体の質量 〔g〕 表は, 実験1の結果をまとめたものである。 図2 図 1 銅粉 0.4 21.7 21.8 ① 図2のように, 酸化銅 4.0g と炭素の 粉末 0.1gの混合物を試験管Aに入れ, ガスバーナーで加熱した。 2 ガラス管の先から気体が発生しなく なってから, ガラス管を試験管Bから はずして加熱をやめ,ピンチコックで ゴム管をとめ、冷えてから,試験管 A に残った固体の質量を測定した。 (3) 酸化銅の質量は 4.0gのまま, 炭素の粉末の質 量を0.2g, 0.3g, 0.4g, 0.5g に変えた混合物を つくり,それぞれに①,②を行った。 図3は,炭 ガスバーナー 素の粉末の質量と加熱後の固体の質量の関係をグ ラフで表したものである。 0.8 22.3 試験管 A 22.1 22.5 図3 加熱後の固体の質量g 4.0 3.8 3.6 1.2 3.2 ステンレス皿 22.8 1.6 22.9 23.3 2.0 23.3 23.8 ピンチコック (加熱中はゴム を閉じない) ゴム管 試験管 B ガラス管 石灰水- 000 3.0 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 炭素の粉末の質量 〔g〕

未解決 回答数: 1
理科 中学生

画像の問題(3)において、金属Aの求め方が分かりません。どなたか分かる方がいらっしゃいましたら解説をお願いしたいです。よろしくお願いいたします。 答えはAl(アルミニウム)です。

た 3 金属 A,Bを用いて次の実験を行った。た だし,金属A,Bはアルミニウム、亜鉛、鉄 銅、銀のいずれかで,それぞれの密度は表のとおりである。 ( 福井改) 金属A,Bのかたまりの質量を測定すると,金属Bの方が5.50g大きかった。 実験 1 また,Aの体積は4.6cm,Bは2.0cm3であった。 実験2 図のような電池をつくると, プロペラが回転 して金属Bの表面から気体が発生し, プロペラがし ばらく回転したあと, 金属Bの質量は変化しなかっ たが, 金属Aの質量は減少した。 (1) 記述 実験2で用いた金属Aの板の質量が減少したの はなぜか,「電子」, 「イオン」という語句を用いて簡潔 に書きなさい。 金属 アルミニウム 亜鉛 鉄 銅銀 2.70 7.13 7.87 8.96 10.5 密度(g/cm²) プロペラつ き光電池用、 モーター X( 金属 A [ 金属 B+. 発泡ポリ スチレン うすい塩酸 (2) 実験2で,電池の一極となったのは金属 A,Bのどちらか。 また,このとき導線 中を流れる電流の向きは、 図のXYのどちらか。 (3) 実験1,2の結果から, 金属 Aはどの金属か、元素記号で書きなさい。 また,実 験1で用いた金属Bのかたまりの質量を四捨五入して小数第1位まで求めなさい。

解決済み 回答数: 1
1/393