学年

教科

質問の種類

生物 大学生・専門学校生・社会人

2番の問題説明お願いします 答えはeです

■48 酸素解離曲線(2) 赤血球中のヘモグロビン は,酸素と結合して酸素へモグロビンとなり, 全 身の組織に酸素を運ぶ役割を担う。このヘモグ ロビンと酸素の結合は可逆的に行われ, 生体で はおもに酸素分圧(肺胞中は 100mmHg, 組織中 は 30mmHg とする)や二酸化炭素分圧(肺胞中 は40mmHg. 組織中は70mmHg とする)に依存 する。右図の2つの曲線は, 二酸化炭素分圧が 40mmHg と 70mmHg での酸素分圧と酸素へモグ ロビンの割合との関係(酸素解離曲線)を表して 曲線I 100 97 92' 80 e 曲線I 8 h 60 tb Ta0 40 a 20 0 20 40 60 80 100 いる。 酸素分圧(mmHg) (1)二酸化炭素分圧が70mmHgにおける曲線は, I, Ⅱのどちらか。 (曲線上のa~hから肺静脈中の血液の状態を表す点を選べ。 |b0 酸素へモグロビンの割合(%]

回答待ち 回答数: 0
PromotionBanner
1/57