PromotionBanner

回答

円の方程式にy=x+nを代入することで、交点がいくつかを求めることができます。
交点は実数になるので、代入した式である二次関数が2つもしくは1つの実数解を持つことになるんです。

結論としては
>二次関数が実数解を持つとどうなるんですか?
に答えるならば、円と直線が交わるもしくは接するのです。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?