回答

✨ ベストアンサー ✨

このパターンの方程式の場合、どれに=が必要でどれに=が必要でないかは
考えなくで大丈夫です。

ただ、便宜上すべて<や>で表すのは、すべての実数の場合を考えていなくなってしまいますので
たとえば

x>1のとき
-2<x≦1のとき
x≦-2のとき

のような不等号の書き方になったとしても問題ありません。

あくまでこの問題のメインは場合分けではなくてxの値を求める問題なので
繰り返しになりますが
どこに=がついてどこにつかないかはあまり気にしなくて大丈夫です。

げすと

そうなんですね!
ご丁寧な解説ありがとうございました😊

この回答にコメントする
PromotionBanner

回答

・x≧1、-2≦x<1、x<-2
・x>1、-2<x≦1、x≦-2
・x≧1、-2≦x≦1、x≦-2
どれでも良いです。
教科書・参考書などは、x≧◯、x<◯のように、xは◯以上or未満を使うことが多い、というかほぼ全部これです。
ですが、全部にイコールがついてても全然間違いじゃないです。

ただ、x>1、-2<x<1、x<-2のように、1や-2が含まれていないのはダメです。少なくとも片方にはイコールを付けます。

げすと

ありがとうございます!助かりました!!

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?