公開日時
更新日時

数学A 場合の数と確率 解き方攻略ノート

1027

11239

3

このノートについて

KIN502

KIN502

今まで解いた問題からピックアップして、解き方の流れをまとめました*\(^o^)/*

Clear運営のノート解説:

高校数学の場合の数と確率を解説したノートです。問題、解説、その問題から学んだことが分かれて書かれているので、ノートの問題を自分で解くことが出来ます。また問題の最後に学んだことがまとめてあるので、その問題のポイントがなんだったかを確認することが出来ます。問題としては、席の法則、重複組み合わせ、場合分けと順列、頂点にできる三角形の個数、重複順列の応用、余事象の確立「の利用、反復思考の確立とその利用、対戦ゲームの優勝確率を扱っています。自分で問題を解きながら確率について学びたい方、問題ごとに求められているものは何かを学びたい方におすすめのノートです!

コメント

ゲストかじやん

なんで
硬貨の使い方は
5×3なんですか?
どこからその数が出てきたか教えて下さい
わからなくてこまってます

KIN502
著者

500円硬貨を1枚使う場合の数が5×3通りということです。
説明不足でごめんなさいm(_ _)m

ゲスト

4ページ目、18×3で54ではないんですか?

このノートを友達に教えよう!