学年

教科

質問の種類

PromotionBanner
法学 大学生・専門学校生・社会人

民法の物権の問題なのですが、分かる方いらっしゃいますか。

【問題) A所有の甲土地とB所有の乙土地は隣接地であり、 AとBはそれぞれの土地について登記を備えてい た。2003年4月10日以来、 Bは、甲土地の一部(以下、丙土地とする)も乙土地に含まれると無過失で信 じて、乙土地と丙土地上に建築された建物に居住していた。 2010年8月25日、 Bが死亡すると、Bの 唯一の相続人であるCがこの建物に居住することになったが、 その際Cは、 その敷地のうち丙士地が A所有の甲土地の一部であることを認識していた。 2021年12月20日、甲土地を測量したAは、C所有の建物が境界線を越えて甲土地の一部である丙土 地上に存在していることを知るに至った。2022年1月20日、AがCに対して丙土地の明渡しを求める 場合、Cは、このAの請求を拒絶することができるか。 内土地をめぐる法律関係について、丁寧に論 じてください。

回答待ち 回答数: 1
法学 大学生・専門学校生・社会人

この問題を解いてくれる方いませんか???

以下の問いに対して、答案方式でレボートを作成しなさい。 第1問(30点) Aは、その所有する建物をBに賃貸し、その引渡を終えた。その後、Aは、その建物を Bに賃貸中に、その建物及び敷地をCに売却した。 ところが、当該売買契約の履行が完了する前に、その建物が火災により減失した。この 場合、ABC の法律関係はどのようになるか、AC間、AB間、BC間に分けて説明せよ。 第2問(30点) Aは、Yから賃借していた機械をXに修理に出した。Xは、機械を修理してAに引き渡 したが、修理代金を受け取る前に、Aは倒産した。そこでYは、Aとの賃貸借契約を解除 して、その機械を取り戻した。XはYに対して修理代金を請求することができるか。 第3問(40点) Aは、Yの運転する自動車にはねられ傷害を負った。その後Z病院に搬送されたが、Z 病院の医師B は、レントゲン撮影をして打撲挫傷と診断し、傷口を消毒し抗生物質を与え て帰宅させた。その後Aは嘱吐し、発熱及び握撃症状を起こし、まもなく死亡した。Aの 相続人Xは、YZ に対して損害賠償を請求することができるか。 amoodle3.chiba-u.jp

回答待ち 回答数: 0
1/17