PromotionBanner

回答

円の方程式に直線の方程式を代入して、出来た二次方程式の判別式で場合分けです。D>0で解が2個ある場合は円と直線が2つ交点を持つ、D=0で解が1個だけの場合は円と直接は接する、D<0で解がない場合は円と直線は交わりません。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選