PromotionBanner

回答

互いに素というのは、端的に言うと、「1以外の公約数がない」ということなので、「互いに5の倍数である」というのは、「互いに素である」ということに矛盾します。

この回答にコメントする

2つの整数a,bの最大公約数が1のとき,aとbとは互いに素であると言います。

この問題の場合,pとqは5の倍数であるため,公約数に5をもっていて,最大公約数が1ではありません。

なので,ピンクの線のような答えになります。

この回答がお力になれれば幸いです。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?