理科
中学生

こちらの問題についてです。答えは「4」なのですが、3枚目は解説で線引きした部分がわかりせん。教えていただけたらありがたいです(i)だけでいいです。

問8 Kさんは,学校の近くのある地点でボーリング調査が行われていたことを知り,その地点の地形や地 層の重なりについて調べ, メモにまとめた。これについて、あとの各問いに答えなさい。ただしこの 地域の地層はすべて均一の厚さで平行に重なった状態で、一定の方向に傾いており, 上下の入れ者督わり や断層,しゅう曲はないものとする。 美 8 Kさんのメモ 図1は,ボーリング調査が行われた地点の付近の地形を示したものである。ボーリング調査は X~Zの3地点で行われた。図中の は,地図上で東西南北に等間隔に直線を引いたものであ る。 図2は,ボーリング調査の結果を柱状図で表したものである。それぞれ,地表から 40mの深さ までの調査の結果を示している。 * ボーリング調査が行われた地点の付近を調べると,地点Pに東に面した露頭があった。露頭では 標高90 mの高さから上に10mの地層が見えた。 地点Pの露頭で地層から岩石を採取して調べたところ,アサリの化石が含まれていた。また, 花こう岩のれきも採取することができた。 a X Y Z 90m 80m 北 0 4 泥岩の層 100m X Y |砂岩の層 |れき岩の層 業 P 石灰岩の層 20 火山灰の層 O O 30 0 Z o 0 o 40 0 図1 図2 地表からの深さ
(ウ)(i地点Pの露頭を東働から観察すると,どのような地層が見られるか。また,(i)地点Pでボーリン グ調査を行った場合,火山灰の層は地表から何mの深さに現れると考えられるか。その組み合わせとし て最も適するものを, あとの1~4の中から一つ選び, その番号を答えなさい。 iけの選択肢 あ い O O O O O O O (i)の選択肢 う 12m え 17m 1.(0:あノi): う 2.(i):あ(i): え 3.(i):い(i): う 4.(i):い(i): え
ウ火山吹の層の上端を基準にするため, 各地点でその標高を求めると、 地点Xでは90 - 12 =D 78(m), Yでは80 - 2=78(m),Zでは 100 - 32 = 68(m)になっている。つまり,火山灰の層の上端の標高は, XとYでは等しいが、 ZではX,Yよりも 10m低い。よって, この地域の地層は東西には傾いておらず, 南に向かって低くなるように傾頃 本いていると考えられ,Pで東側から観察した露頭の地層は、観察者の左手側が低くなるように傾いているとわかる。 X, YとZでは,火山灰の層の上端の標高の差が10mあるので、 PではX, Yよりも5m低い位置に火山灰の層が あると考えられる。つまり, Pでの火山灰の層の上端は,標高が73mとなっており, 地表まで17mある。このと き,地表ではれき岩が見られ,その3mほど上に砂岩の層が見られる。

回答

✨ ベストアンサー ✨

回答の通り火山灰層の標高を調べると、南側に向かって地層が傾いていることがわかりますから
東側から観察した(西を向いて)南側は左手側になります。

憂莉

ありがとうございます
もし宜しければ、もう一度お答えいただきたいのですが、「あ」も「い」も両方傾いていると思うのですが、とうやってこのふたつを見分ければいいのでしょうか??

ninnin80s

Zの上から10m地点を地表として(Pの標高が90m地点だから)そこから5m下げるイメージです(XとZが10m下がってるのでPでは5m下がっていると考えられる)

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?