この回答がベストアンサーに選ばれました。

・誰と誰か争論しているか
領家の高野山金剛(中略)雑掌行盛 と、 地頭の阿野侍従(中略)御代官助景 です。

・訴陳に番ふ
原告からの訴状と、被告からの陳状を交換し、やり取りをすることです。

シャーク

答え忘れていた問があったので追加。

・備後の国
現在の広島県東部です。

・下地中分
領主と地頭が土地を折半し、お互いの支配権を認め合う取り決めのことです。
簡単に言えば「ここからがお前の土地で、ここからが俺の土地ね」という境界線を定めることです。
この史料にあるように、領主と地頭はよくモメていたので、このような解決策が編み出されたわけです。

はな🌷

回答ありがとうございます!!
この史料の内容がよくりかきできました!!
分かりやすく、丁寧にありがとうございました🙇‍♂️

Post A Comment
PromotionBanner
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】