学年

教科

質問の種類

資格 大学生・専門学校生・社会人

法人税等による増分キャッシュ・フローについての学習において、収益・費用とCIF・COFが一致している場合… このCIFとCOFとは何かがわかりません。 よろしくお願い致します。

法人税等による増分キャッシュ·フロー 『ッシュ·アウトフローである法人税等支払額が増加することになります。 しる設備投資案を採用し、製品を売り上げることによって、売上総利益 加します。その結果、課税対象となる利益に税率を乗じた額だけ、キ シュ·アウトフローである法人税等支払額が増加することになります 図解法人税等による増分キャッシュ·フロー 会計上の損益計算(設備投資による増加分) キャッシュ·フロー(設備投資による増加分) 現金支出費用 (COF) 現金支出費用 製品売上収入 -(売上高)- 製品売上収入 (CIF) 税引後 当 期法人税 純利益 税引後 法人税 純現金 (COF) 流入額 、税率” 税率 収益·貴用とCIF.COFが一致している場合、税引後当期純利益=税引後 キャッシュ·フローとなります。 減価償却費による法人税等節約額 上の図解に加えて、減価償却費がある場合を考えます。 滅価償却 ユ

解決済み 回答数: 1
資格 大学生・専門学校生・社会人

簿記の連結精算表の問題です。 非支配株主持分当期変動額が584000円になるのが、分かりません。

第2問(20点) 次の[資料]にもとづいて、解答欄の連結精算表を完成させなさい。なお、当期は×2年4月1日からX3年3月 31日までの1年である。また、連結精算表における「修正·消去」欄は採点の対象としないので、自由に記入して よい。 [資料] 1. P社は×1年3月31日にS社議決権株式の60%を¥5,200,000で取得したことにより支配を獲得し、連結財務諸 表を作成している。S社の資本の増減は次のとおりである。なお連結処理上、計上した『のれん』は計上年度の 翌年度から20年の均等償却を行う。 S 社資本 X1年3月31日 ×2年3月31日 X3年3月31日 資 本 利益剰余 金 金 ¥ 5,000,000 ¥ 5,000,000 5,000,000 2,600, 000 ¥ 3,000,000 ¥ 8,000,000 3,500,000 合 計 ¥ 7,600,000 ¥ 8,500,000 D社は当期より、S社に対して売上総利益率30%による商品販売を開始した。当期のP社によるS社に対する (S社によるP社からの仕入高)は¥ 5,600, 000である。なお、S社の当期末商品棚卸高のうち¥550,000 はP社からの仕入分である。 社の当期末仕入債務残高のうちP社に対する金額¥1,310, 000が含まれている。 社およびs社は売上債権の期末残高に対して2%の金額を貸倒引当金として設定している。なお、精算表上、 の繰入額は「販売費及び一般管理費」に含めており、また、貸到引当金は売掛金より直接控除している。 Do 2兵 A

解決済み 回答数: 1
資格 大学生・専門学校生・社会人

直接材料費が762000円になる計算方法が分からないので、教えてください。

装師 ロロ。 (2)(16点) 当工場では製品Aを連続生産し、実際総合原価計算を採用している。次吹の資料にもとづいて、[問1] 仕損品に 売却価値がないものとして解答欄の仕掛品勘定を完成させるとともに、 [問2] 仕損品に1個あたり900円の売却 価値がある場合の完成品総合原価を計算しなさい(評価額は直接材料費の計算から控除する)。なお、原価投入額を 完成品原価と月末仕掛品原価に配分する方法として先入先出法を採用しており、 正常仕損費の負担計算は度外視法 によるものとする。 [原価データ] 月初仕掛品原価 直接材料費 費 [生産データ] 月初仕掛品 400 個(20%) 当月投入 900 319,800 円 合 計 1,300 加 エ 50,200 (40%) (80%) 計 370,000 円 正常仕損 月末仕掛品 100 小 当月製造費用 直接材料費 200 完成 1,000 個 762,000 円 品 加 エ 756,000 計 1,518,000 円 計 1,888,000 円 (注)直接材料は工程の始点ですべて投入されている。なお、生産データの ( 捗度および正常仕損の発生点を表している。 )内の数値は仕掛品の加工進 小合

解決済み 回答数: 1
資格 大学生・専門学校生・社会人

⑺、⑻の仕訳の仕方を教えてください。

売買目的で額面¥5,000,000の社債を額面¥100につき¥97.60で買い入れ,代金は買入手数料 であった。 (第68回一部修正) 日的で額面¥6,000,000の社傍を額面率10につき¥98.40で買い入れ,代金は買入手数料 まこ,000および端数利息とともに小切手¥5,959.000を振り出して支払った。(第76回一部修正) 元真目的で額面¥9,000,000の社倍を買い入れ代金は買入手数料¥43,000および端数利息

解決済み 回答数: 1
PromotionBanner
資格 大学生・専門学校生・社会人

⑷の仕訳の仕方を教えてください。

(第72回 ) かねて,商品代金として石川商店に裏書譲渡していた南北商店振り出しの約東手形が期日に 渡りとなり,石川商店から償還請求を受けた。よって,手形金額領¥600,000および償還請求の 費用¥3,000をともに小切手を振り出して支払い,同時に南北商店に支払請求をおこなった。 お,この手形を裏音譲渡したさいに¥6,000の保証債務を計上している。 (5) 東京商店から商品¥870,000を仕入れ, 代金のうち¥500,000は得意先新潟商店振り出し,当 (第701

解決済み 回答数: 1
資格 大学生・専門学校生・社会人

簿記二級の問題です。 材料の分析をする際に、標準消費量が2400㌔になる理由が分かりません。

Step 3 材料勘定への記入および差異分析 実際@ 180円 000 価格差異 △31,200円 標準@ 168円 標準消費額 403, 200円 数量差異 A33, 600円 標準 実際 2,400kg 2,600kg 標準消費量:1,200個×2kg/個=2,400kg 標準消費額:@168円×2,400kg=403, 200円 価格差異:(@168円-@180円) ×2,600kg=△31,200円 (借方差異) 数量差異:@168円× (2,400kg-2,600kg)=D△33,600円 (借方差異) 月末有高: @180円×200kg=36,000円

解決済み 回答数: 1
資格 大学生・専門学校生・社会人

連結資産表を作成する問題です。 5の項目で、掛け販売のため売掛金と買掛金の相殺も行うと考えましたがなぜその仕訳が不要なのでしょうか。(解答の4に該当)

3. のれんは発生年度の翌年度から10年にわたり定額法によ 4. S社は当期中に、繰越利益剰余金を財源として60,000千円の配当を行っている。 5.当期よりP社はS社に対して商品を掛けで販売しており、その売上高は1,080, 000千円であり、売上総利益 率は30%である。 6. 当期末にS社が保有する商品のうち、P社から仕入れた商品が312,000千円含まれている。 7. P社の売掛金のうち420,000千円はS社に対するものである。P社は売上債権期末残高に対して、4%の貸倒 引当金を差額補充法により設定している。 利払日9月末日と3月末日の条件で貸し付 ロ日日 。丘 山を年1 0/

解決済み 回答数: 1
資格 大学生・専門学校生・社会人

商品の計算の部分で、 繰越商品110400も引くと考えたのですが、なぜ計算に含めないのですか?

2.売上原価の計算および商品の評価(売上原価を仕入勘定で算定していると仮定) (仕 入) (繰越商品) 110,400 110,400 (繰越商品) 120,000 (仕 入) 120,000 (棚卸減耗損) (商品評価 損) 2,000 (繰越商品) 4,800 2,800 (棚卸減耗損) ( 商品評価損) (仕 入) 4,800 2,000 2,800 棚卸減耗損:¥120,000-¥118,000=¥2,000 商品評価損:(@¥1,030-@¥680) ×8個= ¥2,800 0000 図売上原価:¥110,400+¥2,784,000-¥120,000+¥4,800=¥2,779, 200 品:¥120,000-¥4,800= ¥115,200 … 4) の商 008.8

解決済み 回答数: 1
資格 大学生・専門学校生・社会人

この問題の売買目的有価証券の値段ってどうやって出せばいいのでしょうか?教えてください🙇‍♀️ ※売買目的有価証券の答えは5700000円です。

(6) 売買目的で保有している群馬商事株式会社の社債 額面¥10,000,000 (帳簿価額 ¥9,500,000) のうち,額面¥6,000,000を額面¥100につき¥97.50で売却し,代金は端数利息¥24,000とともに 小切手で受け取った。 (第72回)

解決済み 回答数: 1
1/8