回答

まず前提として、①地球は、1年で360°公転するので、1日で約1°星の位置が動いて見えます。また、この時、北極星を回転の中心とすると、半時計周りで動いて見えます。そして、②地球は1日で360°自転するので、1時間で15°星が動いて見えます。この時も星は北極星を中心に半時計周りで動いて見えます。
そう考えると、①より、45日後の22時には、Xから半時計周りに45°回転した場所に見えます。そうすると、目盛りがない所に行ってしまうので、Eとします。その後、②より、Dの場所にカシオペヤ座を見る事ができるのは、1時間前の21時となります。なので、答えはウの21時です。

ウルマク⭐︎🐾

失礼しました。EはCとDの中間にある事にしてください。

minion

丁寧にありがとうございます!

Post A Comment
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】