古文
高校生

古文の質問です
この『咲きぬべき』はどこで切れて、また、品詞分解した結果がどうなるのか(何段何活用かなど)を教えていただけないでしょうか?
「咲く(カ行四段の連用形)」+「ず(打ち消しの助動詞の連体形)」だと思ったのですが、「ず」って未然形接続なので、分からなくなりました😵
ちなみに、徒然草の第137段です。

っ" 立ッ較に誠S <計 胃ごっ でSSやSomeeuwdSseontw 人Ws)王 ea ぶく へ me OU ij
徒然草

回答

この回答がベストアンサーに選ばれました。

べし、は終止形接続です。前後を見て判断します、

「咲く」って上二段活用なんですか?

🤔

4段活用ですよ、一応僕が使ってる参考書も載せておきます、

ありがとうございます!参考にさせていただきますm(_ _)m

この回答にコメントする

べしは終止形接続の助動詞なので、終止形がぬの助動詞は、完了か強意か並列です!てむ、なむ、つべし、ぬべしなどのぬは強意なので、強意だと思いました!べしはたぶん推量だと思います!!

丁寧に説明していただきありがとうございます❗️
わかりました!やってみます!

この回答にコメントする
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】