化学
高校生

2番です、なぜ付加するH2の物質量が5molなら二重結合が5molと言えるのですか?またなぜ二重結合が5molなら二重結合が5つと言えるのですか?

414 油脂の構成 島根大改 直鎖脂肪酸であるステアリン酸C17H35COOH, オレイン酸 C17H33COOH リノール 酸C17H31 COOHの混合物とグリセリンから油脂を合成した。 得られた油脂を分離・精 製し, 複数の純粋な油脂を得た。 それらの油脂の中で,油脂 A0.10 mol には, 0℃, 1.0×10Pa で11.2Lの水素が付加した。 (1) 各脂肪酸の分子中には,炭素原子間の二重結合がそれぞれ何個あるか。 (2) 油脂Aには分子中に炭素原子間の二重結合が何個あるか。 (3) 油脂Aとして可能な構造異性体の数を答えよ。 また,その中で不斉炭素原子をもつ 異性体の構造式を書け。 445 20
26 414 (1) ステアリン酸・・・0個 オレイン酸・・・1個 リノール酸・・・2個 (2) 5 18 C17H33COOCH2 (3) 2種類, C17H31COOCH C17H31 COOCH2 解法 (2) 油脂 0.10 mol に付加する H2 の物質量は, 11.2L =0.500 mol 22.4L/mol したがって,油脂1mol中に炭素原子間の二重結合が5mol あることになり, 油脂1分子中には炭素原子間の二重結合が 5個あることになる。 (3) 油脂1分子中に炭素原子間の二重結合を5個もつ油脂は、 オレイン酸1分子とリノール酸2分子の組み合わせ以外はあ り得ない。 この油脂には2種類の構造異性体が存在するが, 不斉炭素原子が存在するのは一方だけである。 C17H33COOCH2 C17H31COOC*H 北平 C17H31 COOCH2 415 ① けん化 ② 塩基 ③ 疎水 (親油) 1 C17H31 COOCH2 I C17H33COOCH C17H31COOCH2 1
PromotionBanner

回答

まだ回答がありません。

疑問は解決しましたか?