理科
中学生

理科
(2)がわかりません
解説を読んでもわかりません
詳しく教えてほしいです
特に最後どのようにグラフを読み取っているかが知りたいですおお願いします🙏

実験 量の金を 号 Bのどちらから気体が発生 図2 い炭 1.0 た素 棒 0.8 の 表 0.6 質面 量に 0.4 つ い 0.2 て Ta 1 I 1 1 1 1 I I 1 I I I 0 1 1 1 1 I I 1 文化とイオン 20 40 60 80 100 電流を流した時間 〔分〕
(4) 面で、緑色になった(中性にな ぜ合わさっている塩酸と水酸化ナトリウム水溶液の体積の Hは、塩酸:水酸化ナトリウム水溶液=(10+2):10-6:5 よって、塩酸48cm²を中性にするために必要な水酸化ナ トリウム水溶液の体積は、 48×2=40[cm²] 3 (2) 図2のグラフより、炭素棒についていた金属の質量は、 電流を流した時間に比例しています。 また, 流した電流の 大きさにも比例しています。 電流の大きさを比べると、 0.25:0.500.75 1:2:3なので, 0.25Aの電流を 流したときに炭素棒についていた金属の質量は, 1.5[g] X1+2+3=0.25〔g〕 よって,電流を流した時間をグラ フから読みとって50分であるとわかります。 でんかいしつ (1) 実験1・2と実験34では、電解質の水溶液か非電解 質の水溶液かで条件が異なっています。 結果より, 非電解 こと 士 8
月 日 問 / 14問 ろ紙 3 次の実験を行った。 あとの問いに答えなさい。 【実験】 ① 図1のように, 塩化銅水溶液の入ったビーカーに, 発泡ポリスチレン の板にとりつけた炭素棒Aと炭素棒Bを入れ,炭素棒Aが陽極(+極) に、炭素棒Bが陰極(一極)になるようにして, 0.25Aの電流を流した。 10分ごとに電源を切って,炭素棒をとり出し,炭素棒の表面につい ていた金属の質量を測定した。 ①と同じ塩化銅水溶液を用意し,電流の値を0.50 A, 0.75Aに変え、炭素棒A- それぞれについて ② と同じことを行った。 ビーカー 塩化銅水溶液 図 1 記号で答えよ。 また,発生した気体は何か,化学式で書け。 (2)図2は,実験のうち, 0.25 Aと0.75Aの電流を流した2つの実験 について, 電流を流した時間と炭素棒の表面についていた金属の質量 との関係をグラフに表したものである。 0.25A, 0.50 A, 0.75 Aの 電流をそれぞれ同じ時間流したときに、炭素棒の表面についていた金 属の質量を合計すると1.5gであった。 このとき,それぞれの電流を した時間は何分か。 最も適当なものを,次のア~コから選び,記号 答えよ。 30分 イ 40分 80分 キ 90分 ウ 50分 ク 100分 エ 60分 ケ 110分 オ 70分 コ 120分 電源装置 (1) 実験①では,一方の炭素棒付近から気体が発生した。 炭素棒A,Bのどちらから気体が発生したか, 図いた金属の質量 炭素棒の表面について 1.Or 0.8 表 0.6 0.4 電流計 0.2 JUNEY 発泡ポリス チレンの板 炭素棒B Arc 質 化学変化とイオン 20 20 40 60 80 100 電流を流した時間〔分〕
理科 電気分解
PromotionBanner

回答

まだ回答がありません。

疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉