回答

✨ ベストアンサー ✨

簡単に言えば微分して出てきた導関数は、原始関数のある点での接線の傾きを表すためです。
直線のグラフで考えれば分かると思いますが、傾きが負の直線はxが増加するとyは減ります。

書いてみれば分かりますがf(x)が減少している時はその点での接線の傾きは負になりますし、逆に増加している時はその点での接線の傾きは正になります。

説明が少し難しくて分かりにくいかもしれませんが分からなかったらまた聞いてください。

まい

f'(x)を傾きだと考えたら分かりました!
ありがとうございます🙇‍♀️

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?