回答

✨ ベストアンサー ✨

いえ、成り立たないと思います。
まずf'(x)=0として増減表を書いていますが、あくまで極値を持つ関数の増減表を書いているにすぎません。極値を持たない関数もあります(例えばy=x^3とか)
ですからaの値によってf'(x)がどのように変化するかを考える必要があります。
その過程としてaが0より大きいか小さいか、はたまた0と等しいのかを場合分けしているのです

あんぱんまん

なるほど!つまりaの値によってそもそも関数が変わってきてしまうから場合分けが必要ということですね!
しっくり来ました。ありがとうございます!

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?