化学
高校生

この3問解ける方いませんか?

次のうち正しいのはどれか。 すべて選べ。 1.0 純物質の状態図における昇華曲線の傾きは正である。 2.0 純物質の融点は圧力に依存しない。 3. 水の状態図において、 融解曲線の傾きは正であるため、氷に圧力をかけると融解する。 14.0 相転移に伴うエンタルピー変化と相転移温度から、 相転移に伴うエントロピー変化を求め ることができる。 図は成分A及びBからなる混合物の液相-気相状態図である。 P点にある混合物の温度上昇に伴っ て観測される状態変化の記述のうち正しいのはどれか。 すべて選べ。 ただし、 P点における成分B のモル分率はXである。 温度 T 0 温度 T 0 気相 気相 液相 液相 1.0 温度で、蒸気を集めて冷却して液化したものを再蒸留することを繰り返すと、 ほぼ成分 Bの蒸気が得られる。 2. 温度 T2では、液相中の成分Bのモル分率はXより大きい。 3. 温度 T2では、 気相中の成分Bのモル分率はXより大きい X Bの組成 (モル分率) 図はそれぞれ成分A及びB、 または成分C及びDからなる混合物の液相-気相状態図である。 これ らに関する記述のうち正しいのはどれか。 すべて選べ。 P XB 1 Bの組成 (モル分率) 温度 T LO 0 T2 T₁ 気相 1 液相 Xo Dの組成 (モル分率) To 1.0 図中の上の曲線は凝縮曲線である。 2.0 左の図について、 組成XBの溶液の蒸留を繰り返すと、蒸気の組成はBに近づいていく。 3. 右の図について、組成XDの溶液の蒸留を繰り返すと、蒸気の組成は共沸混合物に近づいて いく。
モル分率
PromotionBanner

回答

まだ回答がありません。

疑問は解決しましたか?