理科
中学生

B Dは同じ標高なのになぜ図が違うんですか。 そしてどうやって求めるか教えてください。

中生代 図 1 84m 80m 76m D 0- れき岩 A B 3 砂岩 印教科書p.242~249 [10点×2, 5点×4] 0- /40 4+ A 2- りゅうすい B 例流水などによっ X 4- 泥岩 かど はこ おいだ ア X1) て運ばれる間に角 0日 6- 凝灰岩 C けず X×X 8- 8- ×XX O00 石灰岩 が削られたから。 10- ぎょうかいがん 10- 古生代 (1) れき岩の粒は, 凝灰岩の粒と比べて丸みを帯びていた。この理由を簡潔に書け。 (2) Bのア~ウの層のうち、 中生代に堆積したと考えられるものをすべて選べ。 (3) Cの凝灰岩と泥岩の境目Xは, 標高何mの地点か。 (4) D地点の地下のようすを, A~C地点と同じように図2にかけ。 (5) この地域の地層は東·西·南 北のどの方位が低くなるように傾いているか。 (6) 図のa~cの層が堆積する間に,この地域の地形はどのように変化したと考え)|5) られるか。「海岸からの距離」 という語句を用いて簡潔に書け。 ア,イ 72m でいがん M4) 図2にかく。 かたむ みなみ 南 (2)はすべてできて得点。 思 きょり かいがん きょり ちか X (例しだいに海岸からの距離が近くなっていった。 思 10点 3 m教科書p.242~249 図解も標高と地層 (1)記述 流水 れき岩,砂岩,泥岩は流水で運ばれ るときに角がとれて丸みを帯びるが, A 84- B C D さがん でいがん |oo0 ★は 鍵層 (6)記述 |Cの方が★が低い →南に低く傾いている 00 82- った 80- どしゃ 土砂 きいも ぎょうかいがん 凝灰岩などの粒は角ばっている。 78 76- (2) アンモナイトは中生代の地層から発 見される示準化石,フズリナは古生代 の地層から発見される示準化石であ る。アの層は中生代にできた層にはさ まれているので, 中生代にできたと考 えられる。 しじゅんかせ き [m] 74- つれて 72- →れき 70- ている 東西方向の 68- 傾きはない 66- に近く 00〇 は,「 かぎそう ぎょう て, (4)5) A~Dの層の標高をそろえて整理すると上の図のようになる。 鍵層である凝 灰岩の層をBとCで比べると, この地層は南に向かって低くなっていることがわ かる。 こと かいがん Aン中TLの化石 図
PromotionBanner

回答

疑問は解決しましたか?