PromotionBanner

回答

磁針を中心に考えたときにコイルAが周りを囲っている形になっていますよね。このコイルAの上に流れる電流の向きPは、北から南ですよね。そう考えたときに、磁針を囲っているコイルAの右側は上から下に電流が流れると分かります。また、磁針の下を通るコイルAは南から北に電流が流れると分かります。更に磁針の左に流れる電流は下から上に流れると分かります(赤線は電流の向き)。写真参照。ここでフレミングの右手の法則を使うと、写真の青線のように磁界が生まれることが分かりす。この青線を見ると西から東に磁界が向いていることが分かりますよね。磁界の向きとはN極が向く向きなので東と分かります。

もし理解できなければ何度でも質問してください、質問が生まれるのは良いことです。もし理解できればベストアンサーお願いします。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?