回答

この回答がベストアンサーに選ばれました。

教科書には
物質を構成する原子の種類を元素といい, 現在およそ110種類知られている。単体は1種類の元素のみでできた物質であり, 化合物は2種類の元素でできた物質である。単体と元素は同じ名称で呼ばれることが多いが, 単体は実際に存在する物質を示し, 元素は物質の構成成分を示す。
と書いてます。

わかりやすい見分け方としては、目に見えるか見えないかというのがあります。構成する成分ならば当然目には見えませんが、実際に存在するならば目には見えます。

例題
水は水素と酸素からできている。
水は電気分解により水素を生じる。

答えは、元素、単体です。
電気分解で実際に水素と酸素が出てくる(中学の時に実際に出てきたものをマッチ棒の火を近づけて確認しましたよね?)ので、この場合は単体ですが、水は水素と酸素からできているというのは、水素という種類の原子と酸素という種類の原子からできているだけであり、水をいくら見たところで「水素や!水素と酸素が見える!」とはならないと思います。他には、「~という成分から」というのを補って、文が通れば元素という風な見分け方を教える人もいますね。

練習
①人間は(酸素)を吸って生きている
②地球は46%の(酸素)を含む
③空気は(窒素、酸素、アルゴン、二酸化炭素)などからできている
④塩化ナトリウム水溶液など、溶液に硝酸銀水溶液を加えて白色沈殿が生じれば(塩素)の存在が確かめられる。
⑤(ヨウ素)は昇華性物質である
⑥(水素)は水に溶けにくい
⑦ダイヤモンドは(炭素)の同素体である
⑧牛乳には(カルシウム)が多く含まれる
⑨(アルミニウム)はアルミナを原料として作られる
⑩植物の生育には(窒素)が欠かせない

たね

とてもわかりやすく、イメージを上手く持てるようになりました!
とても丁寧にありがとうございました😊
本当に感謝です🙇‍♀️🙇‍♀️

この回答にコメントする
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】