回答

融点は固体が液体になるときの温度で、沸点は液体が気体になるときの温度です。融点と沸点の間の温度のとき、その物質は液体となります。つまり、問題文で聞かれている、 -10℃で液体であるというのは、-10℃が融点と沸点の間にあるということです。つまり、エタノールは-115℃~78℃、水銀は-39℃~357℃より、-10℃のときに液体であるといえます。よって、答えはエタノールと水銀です。

この回答にコメントする