日本史
高校生

カ 答えはニホンシカ、イノシシなんてすが、ナウマンゾウ、オオツノジカではだめですか?

回答

この回答がベストアンサーに選ばれました。

ナウマンゾウやオオツノジカが生きていたのは旧石器時代(氷河時代)です。
その後、氷河時代が終わり気温が温かくなったため農産物(クリやどんぐりなど)が育てられるようになり、それらを保存したりするために土器が作られるようになったため縄文時代と呼ばれるようになりました。
気温が温かくなると大型動物は生きられなくらり小型動物が増えたため、ニホンシカ、イノシシが正解です。
長くなりすいません

yuu

そうなんですね!!!初めて知りました!
ありがとうございます😊

この回答にコメントする