回答

これは必ず覚えましょう!!
D>0の時異なる2つの実数解を持つということは、この問題で言うと、円と直線の共有点(交わるところ)が2つあるということになります^^

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉