PromotionBanner

回答

自分の出席番号と同じ数字を選ぶ生徒が1番の場合:
この場合、他の4人の生徒が2から5までの数字を選ぶ方法は、4!(4の階乗)通りあります。
なぜなら、4人の生徒がそれぞれ異なる数字を選ぶためです。
したがって、この場合の通り数は 4! = 4 × 3 × 2 × 1 = 24 通りです。

自分の出席番号と同じ数字を選ぶ生徒が2番の場合:
同様に考えると、他の4人の生徒が1, 3, 4, 5の数字を選ぶ方法は、4!通りあります。

したがって、この場合の通り数も 4! = 24 通りです。
自分の出席番号と同じ数字を選ぶ生徒が3番、4番、5番の場合も同様に考えると、それぞれ 24 通りです。

最終的に、各場合の通り数を合計すると、
合計 = 24 + 24 + 24 + 24 + 24 = 120 通りとなります。

したがって、自分の出席番号と同じ数字を選ぶ生徒が1人だけである場合の通り数は、120通りです。

すみません💦答えが45通りです

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?