PromotionBanner

回答

ある物質aよりイオン化傾向が大きい物質bをaが溶けている水溶液に入れた場合、bは電離して陽イオンと電子に別れ液中のaイオンと結びついて物質bに付着します。この一連の流れを表の「反応」とすると、まず金属片Aは反応した銅と鉄ではありません。となると亜鉛かマグネシウムになるわけですが、マグネシウムとは反応していません。つまりマグネシウムより金属片Aはイオン化傾向が小さいです。なので答えは亜鉛です。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?