回答

✨ ベストアンサー ✨

化学反応式の係数は、物質量の比を表します。
すなわち、今回は例えば、
 1molの窒素は3molの水素と反応した結果、2molのアンモニアが生じるってこと。

(1)0.50molの窒素と反応する水素は何molか。
 1molの窒素は3molの水素と反応するから、0.50molの窒素は、
   1mol:3mol=0.50mol:◻️mol
       ◻️=1.5mol
 よって、0.50molの窒素は1.5molの水素と反応することがわかる。
 1molの窒素は(3molの水素と)反応した結果、2molのアンモニアが生じるってことは、
 0.50molの窒素が反応すると、
  1mol:2mol=0.50mol:△mol
      △=1.0mol
 1.0molのアンモニアが生じることがわかる。
 聞かれているのは生じるアンモニアは標準状態で何Lか、なので、
 後は1.0molのアンモニアは標準状態で何Lかを求めればよい。
 標準状態の気体は種類は問わず、22.4L/molすなわち、1molの体積は22.4Lだったから、
 1.0molのアンモニアの標準状態での体積は22.4[L]
 有効数字の関係で答えは22[L]

(2)化学反応式の係数は、物質量の比を表すからとりあえず、与えられた情報は物質量molに直す。
 アンモニアのモル質量は17g/molだから、3.4gのアンモニアは、
  3.4÷17=0.20mol  ←分からなければ質問してください
 である。
 すなわち、今回は0.20molのアンモニアを作るには水素と窒素はどれくらい必要か?です。
 1molの窒素と3molの水素から2molのアンモニアが生じるのだから、
 0.20molのアンモニアを作るには
 0.10molの窒素と0.30molの水素が必要だとわかる。
 後は0.10molの窒素と0.30molの水素はそれぞれ何gなのかを答えればよい

分からなければ質問してください

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?