理科
中学生

この問題の(3)が、
3,2:x=0,3:0,2
の式になるらしいんですけどなぜそうなるのかわかりません。誰か教えて下さい

ヒガラスの 面に垂直な線 # さを サ うに 問い 2Cuot c 2Cu+ CO2 3 酸化銅と炭素粉末の混合物を加熱したときのようすを調べた実験について, あとの (1)~(3)の問いに 答えなさい。 4:1=2:33 x= Th=30² え 〔実験〕 2f ① 酸化銅 4.0g と炭素粉末 0.1g をよく混ぜ合わせ て試験管に入れ, 図5のような装置を使って加熱し たところ、 石灰水が白くにごった。 反応後,加熱し た試験管に残った固体の質量を測定した。 ② 新しく用意した試験管で①と同様の操作を、酸化 銅の質量は変えずに、炭素の質量を変えてくり返し HD 行った。 表は, 1, 2 の結果をまとめたものである。 酸化銅 4.0g と炭素粉末 0.3gを反応させたときには, 酸化銅と炭素が過不足なく反応した。 表 反応前の炭素の質量 [g] 0.1 0.2- 0.3 0.4 20.5 反応後の固体の質量 [g] 3.7 3.2 3.3 3.4 CO2 (1) 実験で,酸化銅から酸素がうばわれて銅ができました。 このように、酸化物から酸素がうばわれ C X² る化学変化を何というか, 答えなさい。 (2) 実験で起こった化学変化を, 化学反応式で表しなさい。 Tu N (3) 酸化銅 4.0gと炭素 0.2gを反応させたとき, 加熱した試験管に残った固体に含まれている単体 銅は何gか, 小数第2位を四捨五入して, 小数第1位まで求めなさい。 3: 3.2:X=0.3:0.2 3.52 63.3 3.3 4 3= 図6のように, メダカを水とともにチャック付きの袋に入れ, 血液の流れ 図6 べるために、尾びれの部分を顕微鏡で観察したところ, 骨に 図 5 3.5 一酸化銅と炭素粉末の混合物 3 石灰水 「鋼 N 0.2 水
PromotionBanner

回答

まず、実験に関する記述の最後に

 「酸化銅4.0gと炭素粉末0.3gを反応させたときには、酸化銅と炭素が過不足なく反応した。」

 と書いてあるので、表の結果を加え

 【酸化銅4.0gと炭素0.3gで銅3.2gと二酸化炭素1.1gできる】が基準となります

次に、問題(3)で

 「酸化銅4.0gと炭素0.2gを反応させたとき、」と書いてありますが

 酸化銅が余り、炭素が使い切り、出来た固体は、酸化銅と銅が混ざっています

 そこで、[使い切った炭素0.2g]からできる[銅xg]を上の基準から求めます

以上から、銅の比=炭素の比を利用し

 3.2:x=0.3:0.2 という式ができます

reika

ありがとうございます!

この回答にコメントする

問題の最後を見ると炭素0.3gで酸化銅と炭素が過不足なく反応したと書いてあります。これはつまり試験管に残った個体は全て銅(3.2g)だと分かります。炭素0.2g使った後の試験管に残る銅をxとおきここから比例式で残った銅を求めていきます。反応前の炭素→0.2g:0.3g
残った銅→xg:3.2gよって3.2:x=0.3:0.2という式ができるわけです。

reika

ありがとうございます!

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?