回答

✨ ベストアンサー ✨

>(2)の①の答えは硫黄。⇒なんでですか?

●硫黄の方が反応する量が余ってしまうからです

 (―――線の下の方に余る理由を載せています)

>(2)の②の答えは0.6g、硫黄をXgとする。
>計算過程 7:4=4.2:X X=2.4、3.0-2.4=0.6g

●最後の3.0-2.4=0.6 の3.0はおかしくありませんか?

>⇒なぜ、この時硫黄をXとするのか?

●①で硫黄があまると分かったので、

  用意した量(3.1[g])-反応する量(2.4[g])=あまり(0.7[g])

 と考え、鉄4,2[g]と反応する硫黄の量を求める為に

  硫黄の量をxとしたようです

>鉄ではだめですか

●鉄は①で、すでに4.2[g]全部反応すると分かっています

―――――――――――――――――――――――――――――
【鉄2.8[g]と硫黄1.6[g]が過不足なく反応した】とあるので

  この割合を超えた方が、反応せず残ります。

 あまりなく反応する割合を考えていくと(比を考えても良いですが)

   鉄2.8[g]と硫黄1.6[g]

    ●2で割って

   鉄1.4[g]と硫黄0.8[g]

    ●3倍して

   鉄4.2[g]と硫黄2.4[g]

 ここで、問題文が「鉄4.2[g]と硫黄3.1[g]」とあるので

   硫黄が、3.1-2.4=0.7[g]だけ多くなっています

 よって、

   反応せずあまるのが、硫黄0.7[g]とわかります

悠真

やっと理解できました!
とてもわかりやすいです!ありがとうございます😊

悠真

問題写し間違えました笑。すみません…

mo1

^^私もよくやってしまいます。

理解できればOK。良かったです^^

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?