回答

✨ ベストアンサー ✨

個数の新しい単位です。
1mol=6.0×10²³個
単位というのは
1kg=1000g
1mg=1/1000g
みたいなやつです。
ただし、molはちょっときりのわるい6.0×10²³という数字ですが。なぜこんな数字なのかといえば、質量の単位gに合わせるためです。
陽子や中性子1個の重さはとても軽く、だいたい10⁻²⁴gくらいです。これが6.0×10²³個かきあつめて重さを量るとちょうど1gになります。
したがって、原子や分子を1mol=6.0×10²³個かきあつめると重さがきりのいいグラム数になってくれるので、6.0×10²³個を単位にすると便利だよね、じゃあその単位をmolと名付けよう、という感じです。
単位の変換は、1km=1000mとかと同じようにすればいいです。
1mol=6.0×10²³個
2mol=2×(6.0×10²³)個
逆に、
1個=1/(6.0×10²³)mol
2個=2/(6.0×10²³)mol

原子量、例えばH=1.0はH原子を1molかきあつめたときの重さ(g)が1.0gということです。
個数にすると、H原子6.0×10²³個で1.0gですね。

黒瀬。

分かりやすい説明をありがとうございます

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?