化学
高校生

動画を視聴していて、動画の中の人が電気分解の陽極での反応を断定する為に声に出しながら確認を行っていたのですが、
「(電極が)白金もしくは炭素か?→Yes」
「ハロゲン化物イオンがありますか?→No」
ここで疑問になったことがあり、それは氷晶石によってフッ化物イオン(ハロゲン化物イオン)あるじゃん、ということです。どうしてこの動画の人はハロゲン化物イオンはないと言ったのでしょうか…?

形式上分かりやすくするためにF¯とは書いたけど(写真の下の方に凝固点降下(融点降下)を説明するために書いてあります)実際は少し違うイオンで存在していたりするのでしょうか?

ホール・エルー法 (Al³+) 0²- 91 e- OA *BOTO Nas Al Fo 31000 °C Nax 3. AR³t. Fx6

回答

✨ ベストアンサー ✨

氷晶石のFはAlF3-であり、ハロゲンF-イオンではないです。だから、氷晶石からF-は出ません。氷晶石は温度を下げるための触媒だから、反応しません🙇

えい

ありがとうございます

🍇こつぶ🐡

いえいえ🙇

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?