化学
高校生

(3)が全くわかりません。大至急解き方を詳しく教えて欲しいです。

98 第Ⅱ章 物質の変化 問題 179-180 発展例題13 酸化還元滴定 正確に100mL の溶液を NORTY 0.252gのシュウ酸の結晶 (COOH)2・2H2O を水に溶かして, 調製し,その中から250mLを正確にとり,希硫酸で酸性にした。これを温めながら 濃度不明の過マンガン酸カリウム水溶液を少量ずつ加えていくと, 20.0mL加えたと ころで, 反応が完了した。 13+TAS MnO4- +8H+ +5e- Mn²+ +4H2O 168 (COOH)2 → 2CO2+2H++2e¯ (1) 下線部①, ② の操作で用いられる器具の名称を記せ。 ET/ (2) 下線部③で,反応がちょうど完了した点をどのように決めるか。 (3) この過マンガン酸カリウム水溶液の濃度は何mol/L か。 ....... 考え方 解答 (2) (COOH)2が残って いる間は, MnO4-が (1) ① メスフラスコ ② ホールピペット (2) 滴下した過マンガン酸カリウム水溶液の赤紫色が消え Mn2+ となるため、ほぼ 無色になる。 ずに残る点を終点とする。 A. (3) 1mol の MnO4は5molの電子を受け取り 1molの (3) 滴定の終点では, 次 の関係が成り立つ。 酸化剤が受け取った電子 の物質量=還元剤が放出 した電子の物質量 (COOH)2 は 2mol の電子を放出する。 KMnO4水溶液の濃度 x [mol/L] とすると, (COOH)2・2H2O=126g/mol から, x[mol/L] x 20.0 1000 ×2 -Lx5= 0.252 126 mol× 25.0 100 x=1.00×10-2mol/L 発展問題 18 月 (I (2) (3) (4) した 実 181. オン 実験!
化学基礎 酸化還元滴定
PromotionBanner

回答

まだ回答がありません。

疑問は解決しましたか?