化学
高校生

なぜ中和反応が起こるのですか?

例えば、
NaOH+HCL→H2O+NaCL
の中和反応が起こるのは、

Na+が、OH-よりCL-とくっついたほうが安定するからですか?

回答

✨ ベストアンサー ✨

NaClは、反応式ではくっついているが、実際は水溶液中で、すべて電離し、イオンになっている(右辺のNaOH、HClも同様)。
よって、Na+が、OH-よりCl-とくっついた方が安定とかではない。そもそもくっついていない。

酸と塩基を混ぜていくと、やがて中和する。同じ物質量の時であるが、この時、塩と水ができる。

酸+塩基→塩+水
ここで、先ほど述べたが、酸、塩基、塩は化学反応式では、実際くっついていない化合物をくっつけて書いている。だからくっついていない。それで、電離しているイオンを削除する。
Na+ +OH- + H+ + Cl- → Na+ +Cl- + H2O
より、
Na+ + Cl- → Na+ +Cl- を左右で消去すると、

H+ +OH- → H2Oとなる。

酸と塩基から水ができる反応(NH4Clとかの場合、できない例外あらり)となる。

まとめると、
中和は酸と塩基が反応すると起こる。
Na+が、OH-よりCl-とくっついた方が安定するのでなく、最初から最後までくっついておらず、結果、塩と水ができる。塩は水溶液中で電離しており、くっついていない。だから、イオン反応式を書き、左右で消去し、結局、中和とは、酸と塩基を利用し、水の電離を作ることとなる🙇

五酸化二窒素

回答ありがとうございます!
最初の認識から間違っていたんですね。
水が生成された結果、塩ができるんですね🤔
わかりやすい説明どうもありがとうございました🙏

🍇こつぶ🐡

理解され、よかったです🙇

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?