物理
高校生

質量mの小物体が剛体棒から受ける抗力N、重力加速度g、摩擦は無視できる

剛体棒を一定の角速度でOPの周りに回転させる。
軽いつるまきバネは自然の長さで一定になっている。

Nを分解した時とmgを分解した時で
Nsinθ=mgとN=mgcosθがどちらも成り立ってしまいます。解説では前者でした。何が間違っているのか教えてください。

m P
N Nsin@ N cosg wgcoy :e ugsin@ mg

回答

✨ ベストアンサー ✨

右方向に遠心力があるはずです。
もし遠心力がなければ力が釣り合わずに斜面下方向にずり落ちます。

また、座標系がちゃんと設定されていません。
向きはどこでもいいので、とりあえずxy座標系を設定しましょう。
おそらく解答は図の下の座標系を選んでいると思います。
物体が動かないならX方向で力がつり合い、Y方向にも力が釣り合います。分解する前の元の力は消してしまったほうがいいです。

asyu

図まで添付していただきありがとうございます!
納得できました🥺

この回答にコメントする
PromotionBanner

回答

鉛直方向では力が釣り合っているので、
Nsinθ=mg
が成り立ちますが、水平方向では円運動をしているので力は釣り合いません。
力の釣り合いの観点で考えるなら、図の力に加えて遠心力を考慮する必要があります。

asyu

遠心力のことを完全に忘れてました(-。-;
ありがとうございました!

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?