PromotionBanner

回答

Jとcalは、どちらもエネルギーの単位ですが、電熱線の発熱量について考えるときにはJを使い、水の温度上昇について考えるときにはcalという単位を使います。換算の仕方は簡単で、問題文に書いてある通り、1calが4.2J、つまり4.2Jが1calとして計算すればよいです。
(3)で求めた電熱線の発熱量44100Jがすべて水の温度上昇に使われたと考えるので、44100÷4.2=10500calが答えになります。
ちなみに1calは、水1gの温度を1℃上昇させるだけのエネルギーなので、このように大きな数字になることが多いです。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選