現代文
高校生

【至急⚠️】
「城の崎にて」の学習プリントが解けません😭
分かるところだけでいいので教えて欲しいです🙇‍♀️🙇‍♀️

漢字 内容の整理 小説2 しみを持つにしろ、死に到達するまでのああいう。| ろしいと思った。今自分にあのようなことが起こったら自分はど一 ]は恐 城の簡にて一 志賀直哉 うするだろう。 ●艦国部(中1コー4- ) 次の空側に、本文を読みながら適当な言葉を入れよ。 ある夕方、小川の石の上に、まだぬれていい色をした 第一段 (初め~六六·5) 山の手線の電車に跳ね飛ばされてけがをした後養生に城崎退泉 に出かけた。傷が脊椎カリエスになれば 当たって。「 同時に、生き物の"一 T ]を見つけた。驚かして水に入れようと投げた石が ]は死んでしまった。かわいそうに思うと ]をいっしょに感じた。自分は一 ]になりか ]に死ななかった。いもりは、 130JJ それは両極ではなく、それほど差がないような気がした。 ねないが、そんなことはあるまいと医者に言われた。 一に死んだ。そ ●景盛(にに 6-K中) ]しまっていることと、 ]で誰も話し相手はない。寂しい秋の山峡を一 一のことを考えた。自分の心には、 一が起こっていた。 歩きながら、よく ●振に部( -2-) 三週間いて、自分はここを去った。それからもう三年以上にな の場川盛(にくーーに) るが、脊椎カリエスになるだけは助かった。 自分の部屋の横の将目の中に"「]の巣があった。ある朝、1 匹の" が玄関の屋根で死んでいるのを見つけた。それは三日 次の語句の意味を調べよ。 ほどそのままになっていた。ほかの 一つ残った死骸を見ることは一 だった 一が巣に入った日幕れ、 ]かった。それはいかにも ●際回部(に.6~|-) ある午前、円山川に入る小川で、大きな。一 七寸ばかりの魚串を刺されて石を投げつけられているのを見た。 ]はどうかして助かろうとする。死ねにきまった ]を担いながら、全力で逃げ回っている様子が頭につい ]なのだと思った。死後の。一 十 た。あれが 1次の太字の仮名を漢字に直せ。 日 チメイ的な傷 恩 ゲキレイの手紙| a 次の文は、「寂しい考えだった。しかしそれには静かないい気持ちが ある。」(六七·4)について述べたものである。次の文の空欄に当ては a ガマン強い性格| e証鮮”後の語群から照く°[外合示れのート 『寂しい考え」とは、一 について考えることであり、「静かないい気持ち」とは、それは寂し いことではあるが、それほど自分を「 [ ]u安ト 支緊をAmカク 一から連想される自分の一| 5 テイネイな説明| E ケイシャした道一 g グウゼンの事故| @セイジャクな夜一 | N#mO人 個 カンシャの念 中い考えであり、 lすら起こっている気持ちを表してい 2次の太字の漢字の読みを書け。 |a 頓狂な声を出す| E 事実と相違する「 書を A 場 ィ 親しみ一 H る * 2 = Jた * 家 「医者に言われた。」(六六,3)とあるが、医者の言葉を本文中からニ か所抜き出し、初めと終わりの五字を示せ。 5「自分もそういうふうに危うかった出来事を感じたかった。」(六t,) の「そういう」が指す部分はどこか。本文中から五〇字以内で抜き 出し、初めと終わりの五字を示せ。 2 「自分」が城崎に出かけた時の季節が分かる語句を穴七ページから四 字で抜き出せ。。 6「そんな気もした。しかし妙に自分の心は静まってしまった。」[六七 とはどういうことか。次の中から適当なものを一つ選べ。 ア しなければならない仕事があると感じたかったが、「自分」は静 かに死を迎える覚悟をすることができた。 ィ しなければならない仕事があると感じたかったが、「自分」は危 うかった出来事を乗り切ったことで安心してしまった。 3城崎でのふだんの生活の様子を描いた部分を本文中から七○字程度 で抜き出し、初めと終わりの五字を示せ。 ウ しなければならない仕事があると感じたかったが、「自分」には それより静かな生活を送りたいという気持ちが強かった。
ェ しなければならない仕事があると感じたかったが、「自分」の気」 持ちは生よりも死に傾斜しがちであった。 g「死数はじっとそこにしているだろう。」(六九、3)は、『死骸はそこに じっとしているだるう。」とするのが普通の表現である。作者はある ことを強調するために語順を入れ替えたと考えた場合、何のどうい うさまを強調したかったのか。|二字以内で答えよ。 S「ほかの蜂はいっこうに冷淡だった。巣の出入りに忙しくその脇をは い回るが全く拘泥する様子はなかった。」(六九·2)とあるが、このよ うに生きている蜂を描写するねらいは何か。二〇字以内で答えよ。 動作の表情」(七O·日)とあるが、これはねずみのどのような様子を一 表しているか。次の中から適当なものを一つ選べ。 8「ある朝のこと、…いかにも静かだった。」(六A.6~六九·B)の形式段 ア 助からないことは分かりきっているのに、それに気づかずに単 調な逃げ方を試みている様子。 落で、死んだ蜂の姿を見ている「自分」は、「静かな感じ·静かだっ た」「寂しかった」という言葉を繰り返し述べている。ここには「自 ィ 生き延びるという本能に導かれるまま、してもしかたのないこ とを繰り返している必死な様子。 分」のどのような心情が表れていると考えられるか。次の中から適 当なものを一つ選べ。 ウ 生き延びたい一心で、魚申の刺さった傷口が更に開くことを承 ア 死は永遠の平安をもたらす一方、生き残った者からは忘れ去ら一 れてしまうという、肯定と否定の思いが入り交じっている。 H どこかへ逃げ込もうと、弱った体を無理やり動かして体力の消一 ィ 死は全ての苦悩からの解放ではあるが、残される者にとっては多 耗を速めている哀れな様子。 大な苦癌であると両面を見つめている。 ウ 死はあらゆることを超越すると同時に、あらゆることを受け入 れもするという不可解性に疑問を感じている。 ェ 死は肉体としては見苦しい姿をさらけ出すことになるが、精神 「自分」は、そのねずみを見てどのような気持ちになったか。本文中 るIOト区で抜き出せ は穏やかであり崇高ささえ感じている。 1「あれが本当なのだ」(セー·6)とはどういうことを述べているか。次 S母るの圏測はpのを」0照° ア 死後の静寂というものは、周りとの関係性に東締されるのが現 実だということ。 ィ 動物にとっては死は無意味なものでしかないのだから、人間も 死への甘美な観念は捨てるべきであるということ。 死とは結局孤独で寂しいものであり、死後の静けさなどという ものは単なる思い込みに過ぎないということ。 工 死を目前にした時に死の運命から必死に逃げ回るというのが生 さ物の普通の姿であり、正しいありようだということ。 「回」(中1) J 早と何か。 「生き物の寂しさ」(七四-5)とはどのような点を言うのか。後の言葉 に幅く楽P1O字以内で答えよ。 次の文は、「自分でも後から不思議に思った」(七一。5)の部分につい て述べたものである。次の文の空欄に当てはまる言葉を、後の語群 はかない存在である点。 自分自身の生死に関わることでは冷静な判断が一 れがちだが、それが「 立「生きていることと死んでしまっていることと、それは両極ではなかっ た」(中 - ) とある 平S理田JDP興江なものを次S任る」 1リ中部がる不思議に思っている。 A P0 ア いもりの不意の死を目の当たりにして、自分にも予期せぬ死が H P物がる。 迫っているのではないかという不安が生じているから。 イ 偶然とはいえ、いもりを殺してしまい、生きている限りは他者 を傷つけざるをえない生き物の惹しさを痛感しているから。 ゥ 蜂やねずみやいもりなど、生き物の死をいくつも目撃し、死に さe「城おP醤うところ」(1,2) JS「解艇」(|- 2) Jが何を指 かる86母から開運ゆPSをそれを」の開く「科S 向かって生きているという生き物の定めを思い知らされたから。 ェ いもりを殺してしまったことで、生も死も個然に支配されてい ィ 死ぬ時が訪れても、恐怖には襲われないだろうという予測。 ることに思い当たり、生き物の寂しさを感じているから。 工 生き延びるために実際に自分が取る手段。 L」 オ 死に臨んだ時に実際自分が取る行動。 一 6 ト
城の崎にて

回答

✨ ベストアンサー ✨

2019年のものなので、多少違う問題があるかもです🙇

ありがとうございます!回答の形式がプリントと写真のものが一致しているので多分全部あっていると思います!
あと、
もし宜しければなんですが、同じの冊子の「時間と自由の関係について」の答えも教えて頂けませんか?🙇‍♀️

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選