回答

✨ ベストアンサー ✨

おそらく74/27です。
f(θ)=g(θ)を変形して、
4cos³θ-4cos²θ-4cosθ+2=a
というように定数分離します。

cosθ=tとおくと、-1≦t≦1であり、tの値が1つ決まればθが1つきまります。(0≦θ≦πだから)

よってy=4t³-4t²-4t+2とy=aの共有点の数で吟味すればよいことになります。
微分してグラフを書きましょう。

バイバイキンマン

ありがとうございます!!

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選