回答

✨ ベストアンサー ✨

輪軸を使うと
・引く長さは半径に比例
・引く力は半径に反比例 します。
動滑車を使うと
・引く長さは2倍
・引く力は2分の1倍 になります。
(2)半径が2分の3倍なので力は3分の2倍になります。
120(N)×(3分の2)=80(N)
(6)まず、動滑車の右のひもCについて、
120(N)×(2分の1)=60(N)
0.4(m)×2=0.8(m)
さらに、輪軸で
60(N)×(3分の2)=40(N)
0.8(m)×(2分の3)=1.2(m)
です。

kanon

ありがとうございます。

この回答にコメントする
PromotionBanner
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選