この回答がベストアンサーに選ばれました。

因数分解する前の二次式について
2つ目の項の係数は足し算、3つ目の項の係数は掛け算です(足して真ん中、掛けて後ろ!です)

n(3つ目の項の数字)の絶対値が36
→かけたら36か、-36になる数字の組み合わせをひたすら考える

ゴリ押しで行くならこうですね
模範解答の解説を細かくすると、
①かけて36になる数字の組を(4,9)(3,12)(2,18)(1,36)として、符号の組み合わせが『片方負、片方正=2通り』『両方が正か負=2通り』で4×2×2(場合の数の求め方です)
②(6,6)(-6,-6)とすると2通り
③(6,-6)とすると1通り(同じものなので(-6,6)は考えません)

全部たして19通り、になります

レイ

とても分かりやすいです!理解できました!

Post A Comment

回答

解答は、もっとスッキリ説明できるのでは?

レイ

解説よりも断然分かりやすいです!ありがとうございました

Post A Comment
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】