化学
高校生

化学基礎の問題です。

解答は過マンガン酸カリウムを滴下する前のギ酸の物質量:20ml中の過マンガン酸カリウムの物質量で求めているのですが、過マンガン酸カリウム4mlを滴下した時のギ酸の物質量(2.0×10-3):4ml中の過マンガン酸カリウムの物質量で求めたらダメなのはなぜですか?

教えてください🙇‍♀️お願いします🙇‍♀️🙇‍♀️

Ab ある物質量のギ酸を含む水溶液に十分な量の希硫酸を加え,そこに 0.050 mol/Lの過マンガン酸カリウム水溶液を滴下し、反応させた。この ときの過マンガン酸カリウム水溶液の滴下量[mL] と, 未反応のギ酸の物 質量 〔mol] との関係は、表1のように表される。 表1 過マンガン酸カリウム水溶液の滴下量と未反応のギ酸の物質量の関係 過マンガン酸カリウム水溶液の滴下量〔mL〕 未反応のギ酸の物質量 〔× 10- mol] 4.0 2.0 8.0 1.5 12.0 16.0 ① 1:1 ギ酸と過マンガン酸カリウムが反応するときの物質量の比(ギ酸:過マ ンガン酸カリウム)として最も適当なものを、次の①~④のうちから一つ 選べ。必要であれば次ページの方眼紙を用いてよい。 15 ②2:1 1.0 ③ 5:2 0.50 ④ 5:1
b 15 正解 ③ 探究 横軸に過マンガン酸カリウム水溶液の滴下量, 縦軸に未反応のギ酸の物質量をとっ てグラフを描くと,図アのようになる。 未反応のギ酸の物質量 2.5 2.0 1.5 1.0 〔×10-mol] 0.5 0 MO 8 12 16 20 過マンガン酸カリウム水溶液の滴下量 [mL] (1) アト素 図ア 材 1200 1-AA 図アより, 過マンガン酸カリウム水溶液を滴下する前のギ酸の物質量は GS 2.5×10mol であり, 過マンガン酸カリウム水溶液が20mL滴下されると、ギ酸 がすべて反応することがわかる。 過マンガン酸カリウム水溶液20mL中の過マンガ 20 L = 1.0 × 10-mol である。 よって, 1000 ン酸カリウムの物質量は, 0.050 mol/L × ギ酸と過マンガン酸カリウムが反応するときの物質量の比(ギ酸:過マンガン酸カリ ウム) は, 0701 2.5×10- mol : 1.0 × 10-mol = 5:2 cant (参 HC put-
化学基礎 ギ酸 過マンガン酸カリウム

回答

✨ ベストアンサー ✨

KMnO4滴下が20mLだと過不足なく反応するが、4mL滴下では、未反応のギ酸2×10^-3molあるため、反応の係数比が決められないから🙇

佳奈

なぜ過マンガン酸カリウムの滴下が20mlだと過不足なく反応することが分かるのですか?

🍇こつぶ🐡

画像参照🙇

佳奈

なるほど!理解しました!ありがとうございます🙇‍♀️

🍇こつぶ🐡

理解しました
>よかったです🙇

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?