理科
中学生

(3)が答えを読んでもわかりません。解説お願いします。

。 2 親Y ある植物の親Xの 花粉を親Yのめしべに受 粉させると,子Zができ た。 右の図は,親Yと子 Zの体の細胞の核のよう 49 遺伝子 すを模式的に表したもの R: 顕性の形質の遺伝子 r:潜性の形質の遺伝子 である。メンデルの遺伝の規則性が成り立つものとして、 次の問い に答えなさい。 核 RR 染色体 Rr シ □ (1) 子Zができるときの受精に使われた, 卵細胞の染色体と遺伝子 のモデルを,図にならってかきなさい。 □ (2) 親Xの体の細胞の染色体と遺伝子のモデルとして,考えられる ものを、次のア~ウからすべて選びなさい。 のはたらきを イ ア 子Z ウ Rret 00 L □ (3) 子Zと遺伝子の組み合わせのわからないPをかけ合わせると 顕性の形質と潜性の形質の個体が, 1:1の数の比で得られた。 Pの染色体と遺伝子のモデルを,図にならってかきなさい。 □ (4) 遺伝子の本体は何という物質か。 アルファベット3文字で答え なさい。 2 (1) (2) (4) SIRA RIK:
2 (1) 8 (2) ア,イ (3) (4) DNA 66 BB BA 【つばきのつい #> BA (B BA 66 4分の3であるから,8000個×1 = 6000個 2 (1) 生殖細胞がつくられるときには減数分裂が起こり,対に なる遺伝子が分かれて別々の生殖細胞に入る (分離の法則)。 子Zには遺伝子Rがあり, 親Yには遺伝子Rがないので 子Zの遺伝子Rは親Xから受け継いだものとわかる。親X の体の細胞の染色体は,遺伝子Rをもつアまたはイの可能 性が考えられる。 UN 68 (3) 潜性の形質が現れる個体がも A つ遺伝子の組み合わせは。 右 BA AA の表のように,子ZとPをかけ 合わせたときに遺伝子の組み合 わせがとなる個体が全体の2 分の1であるとき,Pがもつ遺 伝子の組み合わせはである。 BAN Pの生殖細胞 子Zの生殖細胞 R Rr r Rr r rr rr 顕性の形質 潜性の形

回答

✨ ベストアンサー ✨

子Zの遺伝子はRrです。この遺伝子とPをかけ合わせたら、顕性と潜性が1:1で得られたわけです。
PがRRだった場合、RRとRrをかけ合わせると、子はRRとRrしか生まれてきません。どちらも顕性なので1:1になりません。
PがRrだった場合、RrとRrをかけ合わせると、子はRRとRrとrrが1:2:1の割合で生まれてきます。これは、顕性:潜性=3:1の割合で生まれてきます。
PがRrだった場合、Rrとrrをかけ合わせると、子はRrとrrが2:2の割合で生まれてきます。
よって、Pはrrが正解となります。

ありがとうございます!

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?