歴史
中学生

太平洋戦争を避けることができたのなら、どのような出来事の時に日本はどう動けば良かったと思いますか?

太平洋戦争 戦争反対 中学 歴史

回答

歴史にifはありません。
全てがつながっているのです。
どの時点、と言われても、実は難しい。
お花畑の社会の先生がお気楽に出した安易な課題にも感じます。
(先生が、この問題を深く掘り下げられるのであれば、私の勘違いですね。すみません)

とは言え、考える事は尊いので、参考程度の回答を書いておきますね。

石原完爾が、東京裁判で、太平洋戦争の原因は、ペリーが日本に開国をされたからだと言っています。
この話の経緯は、太平洋戦争の原因を満州事変だと裁判官は言わせようとした質問に対して、
石原完爾が、太平洋戦争の原因を過去の別の外交(戦争)に求めるのならと機転を利かせて返事をしたようです。

結論から言うと、
洸太さんが、餓死しても戦争回避をすれば良いのです。
家族にも、平和のために餓死してくれと強く訴えれば良いのです。
でもそんな事、言えますか?できますか?
↑この問いの意味は後述しますが、まずは、本題から片付けましょうか。

【本題】
それができないから、仕事(資源や商品の輸出先)を求めて、各国が外国に進出していったのです。
最初に植民地を多く持っている国や、国土の広い国はなんとかなったが、日本は、満州や中国に進出せざるおえなかった。
そうすることで、米英オランダとぶつかることになっていきます。

①世界恐慌後でも、世界平和のために(他国のエゴのために)、失業や餓死やがでもて、国際協調をする(外国の都合の良い条件=日本にとって不利な条件)を聞き続ける。

②当然、国民は、餓死者がでるなど疲弊し、政治に対しての不満が高まります。当然、総理大臣などの暗殺事件も増えるでしょうが、次の政治家や軍人が死を覚悟して大臣になり続ければ良いのです。

③そうやって、戦争もしていないのに、日本は焼け野原になりますが、太平洋戦争は回避できます。

④結局、戦争反対の思いだけではどうにもならないのです。
当時の人も、戦争は避けたいと思っていました。(今の人とあまり変わりません)
過去の世界大戦の原因は、情緒的な理由ではなく、経済的な理由です。
資本主義の世の中では、バランスが崩れ、生産>消費になるときがあります。
その時、WWⅠとWWⅡの2つの世界大戦が起こります。

⑤資本主義は、人々の夢や希望(言い換えると、欲望や我欲)を元に計画されます。
でも、欲望は無限にふくらみますが、地球は有限です。(資源や、人口=消費者)
つまり、その時、自分だけは損クジを引きたくないと、椅子取りゲームを力尽くでしてしまうのが、世界大戦です。

【まとめ】
①昨日、クリミア大橋で爆発爆発があったそうです。ウクライナでの戦争(ウクライナでのロシアの特別軍事作戦)も最終局面に向かいつつあるのかも知れません。
でも、この戦争は、戦前の日中戦争のような物(その前にあったクリミアのロシア併合は、満州事変みたいな物)であり、問題は、資本主義の行き詰まりであり、経済危機です。

②今そこにある危機=世界恐慌
どの国も、紙幣を刷りすぎているので、実は経済危機です。紙幣のすりすぎは、コロナ渦で顕著になりましたが、そもそも、2008年のリーマンショックの問題の先送りで、紙幣を大量に刷っていました。
結局、健全な経済活動(当然、時として行きすぎた経済活動には、反動で不景気が来る。自然の摂理)を無視して、自分達の都合の良いように、問題を先送りにしてきて、それがどうにも行かなくなってきたのです。

③経済が不安定になってくるからこそ、ロシアはウクライナを影響かに入れたいし、欧米もウクライナの市場に期待するし、ウクライナももっと豊かになりたいと思う。で、今の現状。(大義や正義より、経済的な理由が根底にある。)

④中国とアメリカも経済的に疲弊しているので、今後は経済摩擦が激しくなるでしょうね。その間に位置する日本は、当然疲弊している。

あまり、ネットに軽率に書くべきことでは無いのですが、アメリカの経済や金融の動向を中心に世界の状況を観察していると、はやければこの秋、世界恐慌(この呼び名が強烈だから、世界同時不況とだけ、マスコミは言うかも知れません)が、おこる可能性は高いと予測しています。

では、最後に、洸太さんに質問です。
Q:第三次世界大戦(WWⅢ)を避けることができたのなら、どのような出来事の時に洸太さんはどう動けば良いと思いますか?

石原完爾 世界恐慌 満州事変 第一次世界大戦 第二次世界大戦 資本主義
この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?