PromotionBanner

回答

3:生物の特性や習性を考慮し、生物の成長にあわせた育成環境を調節し、管理作業をする。

4:自然的な制約と、人間の願い(欲望)と社会的な制約の折り合いをつけて、育成環境の調節方法を決めていく。
【解説】
冬に種まきをしても、芽は出ない。
イチゴは、自然界では、5月頃が旬である。
社会的な制約で、クリスマスケーキに使うイチゴは高価で売れる。
だから、より儲けるために、ハウス栽培で12月にイチゴを出荷する。
ビニールハウス(ビニールは石油由来)や、石油を使ったストーブで、冬にイチゴを作る。
金儲けは、生きるために必要な事ですが、
突き詰めて考えると、エゴであり、エコではないです。

今回のワークの文章題は、クイズというか単語パズルです。
国語の文章力や語彙力を確かめる問題であり、
生き物の育成の学習をした(教えた、学んだ、テストや成績の基準にした)程度の価値しかありません。
ま、しないよりマシかも知れませんが、
こんなのできても、生物育成を実際に経験することには、勝りません。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉