回答

✨ ベストアンサー ✨

生物育成を育てることを学ぶというのが生物を育てることを学ぶという解釈+個人的解釈で回答させていただきます。

人間以外の動植物を育てて、そこから生命、自然、環境やその意義などを考えさせる為だと思います。

後は、社会に出たときの教養やいざ、というときの為、動植物を育てることの大変さを知り、そこから農家の方への感謝の心を芽生えさせる意ではないですかね…?

スヌーピー

簡単に説明して下さりありがとうございます!!

この回答にコメントする
PromotionBanner

回答

【文部科学省、『学習指導要領 中学 技術家庭科』より抜粋・引用】
『 ここでは生物育成の技術の見方・考え方を働かせた実践的・体験的な活動を通して,生活や社会で利用されている生物育成の技術についての基礎的な理解を図り,それらに係る技能を身に付け,生物育成の技術と生活や社会,環境との関わりについて理解を深めるとともに,生活や社会の中から生物育成の技術に関わる問題を見いだして課題を設定し解決する力,よりよい生活や持続可能な社会の構築に向けて,適切かつ誠実に生物育成の技術を工夫し創造しようとする実践的な態度を育成することをねらいとしている。』

_従って、政府が考えている目的・ねらいは、
①、生活・社会で利用されている生物育成の技術についての基礎的な理解をする。
②、生活や社会で利用されている生物育成の技術についての基礎的な技能を身に付ける。
③、生物育成の技術と生活・社会・環境との関わりについて理解を深める。
④、生活・社会の中から生物育成の技術に関わる問題を見いだして課題を設定し解決する力を育成する。
⑤、よりよい生活やら持続可能な社会の構築やらに向けて、適切かつ誠実に生物育成の技術を工夫し創造しようとする実践的な態度を育成する。
以上の5点が、目的・ねらい、となります。

スヌーピー

わざわざ引用をしてくださりありがとうございます!!

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉